トップアジア諸国の情報をさがすアジア情報機関ダイレクトリー>龍谷大学大宮図書館(京都府) / Ryukoku University Omiya Library (Kyoto)

龍谷大学大宮図書館(京都府) / Ryukoku University Omiya Library (Kyoto)

名称

龍谷大学大宮図書館

英語名

Ryukoku University Omiya Library

住所

〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1

URL

https://library.ryukoku.ac.jp/外部サイトへのリンク

所蔵資料

主に仏教学・仏教史学・東洋史学関係のアジア言語資料を所蔵。所蔵資料は「R-WAVE(蔵書検索)」(https://library.ryukoku.ac.jp/外部サイトへのリンク)で検索できる。

また、漢籍など古典籍の分類目録、敦煌文書など貴重書の画像データベースもある。詳細は「古典籍データベース」(http://www.afc.ryukoku.ac.jp/database/database.html外部サイトへのリンク)を参照。

コレクションについては「龍谷蔵(龍谷大学図書館貴重資料画像データベース」(http://www.afc.ryukoku.ac.jp/kicho/top.html外部サイトへのリンク)を参照。

主なアジア関係コレクションは以下のとおり:

(1)写字台文庫

西本願寺歴代宗主が収集した文庫で、仏教、真宗をはじめ芸能、本草学、医学、文学、歴史の多岐にわたり、室町期にまでさかのぼる古刊本、古写本等のコレクションである。

(2)新写字台文庫

西本願寺第23代門主大谷光照師からの基金によって収集された資料で、親鸞聖人直筆の「聖徳太子和讃断簡」敦煌写経、真宗の絵像で最古と見られる蓮如上人の裏書きのある「方便法身尊形」をはじめ榊亮三郎博士がネパールから将来した最古の梵文「無量寿経」等の逸品がある。

(3)大谷探検隊将来西域資料

今世紀初頭、西本願寺第22代門主鏡如上人(大谷光瑞師)による、いわゆる大谷探検隊が3回にわたって踏破発掘し将来した資料で、その内容は敦煌出土古写経、社会経済文書資料、本簡、碑文、拓本類、貨幣、染織断片、植物標本等である。

(4)大清三蔵

明治32年に清の西大后から大谷光瑞師に贈られたもので、龍蔵は清の雍正13年(1734年)から乾隆3年(1738年)までの4年間に開版された全737函、7,838巻に及ぶ清朝の勅版大蔵経でわが国唯一の完本。

(5)禿氏文庫

本学の禿氏祐祥名誉教授が収集したもので、特に東洋の印刷と和紙の研究を中心に印度、中国、朝鮮、日本等の仏教関係古写本、刊本、版画、拓本等の貴重な資料。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究

カテゴリ一覧