トップアジア諸国の情報をさがす所蔵資料の概要>国会図書館所蔵アジア関係資料: アジア地域の児童書(読み物、絵本など)の所蔵について

国会図書館所蔵アジア関係資料: アジア地域の児童書(読み物、絵本など)の所蔵について

アジア諸国で刊行された児童書、アジア言語に翻訳された日本の児童書は、国立国会図書館国際子ども図書館(東京)で所蔵しています。

国際子ども図書館では、国内はもとより、アジア地域を含む世界各国の児童書や関連する研究書も積極的に収集しています。また、収集した資料の展示など、子どもたちの国際理解や異文化理解を促進する活動にも積極的に取り組んでいます。

アジア地域の児童書の探し方

言語 検索方法
中国語、朝鮮語、その他のアルファベットで表記されるアジア諸言語、平成19年以降受入のアラビア語、ペルシア語 NDL-OPAC
児童書総合目録
上記以外の非アルファベット言語(平成19年以降受入のアラビア語、ペルシア語を除く。) カード目録

蔵書数の多い国は、中国、韓国、台湾、インド、タイ、イラン、ネパール、パキスタン、ベトナム、バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、レバノンなどです。そのほかのアジア地域(北アフリカ地域を含む)の児童書も継続的に収集しています。

国際子ども図書館の資料の検索については、本・資料を探す | 国立国会図書館国際子ども図書館をご覧ください。カード目録は国際子ども図書館第一資料室に設置されていますのでご利用ください。

関西館での利用について

国際子ども図書館の児童書のなかには、関西館に取り寄せて利用できるものもあります。
資料の取り寄せについては、関西館 > 利用案内 > 閲覧 > 登録利用者へのサービスをご覧ください。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡