「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。 皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップアジア諸国の情報をさがすアジア情報室の利用案内>複写サービス:アジア情報室資料の遠隔複写サービス

複写サービス:アジア情報室資料の遠隔複写サービス

アジア情報室の所蔵資料および中国学術雑誌全文データベース(CAJ)KISS(Koreanstudies Information Service System)の収録論文は、郵送により複写物を取り寄せることができます。このサービスを利用できるのは、登録利用者の方および登録している機関(※)です。

※アジア情報室の所蔵資料および中国学術雑誌全文データベース(CAJ)の収録論文は、国内外を問わずお申込みいただけます。KISS(Koreanstudies Information Service System)の収録論文は、国内在住の登録利用者の方および国内の登録機関に限りお申込みいただけます。その他の電子ジャーナルの利用条件は「来館せずに電子ジャーナルの複写を申し込むには」をご覧ください。

アジア情報室所蔵資料

国立国会図書館蔵書検索・申込システム(NDL-OPAC)で検索できるアジア情報室の所蔵資料は、インターネットから複写を申し込むことができます。

NDL-OPACでは検索できない資料や、検索結果に「アジア情報案内にお問い合わせください」と表示される資料(未製本新聞)については、所定の申込書(「郵送用資料複写申込書」)で申し込む必要があります。詳細は、「遠隔複写サービス > 郵送で当館に直接申し込む」をご参照ください。

電子ジャーナル

次のデータベースに収録されている論文は、インターネットまたは郵送により複写を申し込むことができます。

<インターネットから申し込む>

国立国会図書館蔵書検索・申込システム(NDL-OPAC)の「検索結果一覧」画面で、資料種別の行に以下のアイコンが表示された資料は、当館契約の電子ブック・電子ジャーナルのうち遠隔複写を申し込めるものです。

book periodical

登録利用者IDとパスワードを入力してログインした状態でNDL-OPACから検索すると、検索結果から複写申込みの画面に進むことができます。

入力方法についてはNDL-OPACの「ヘルプ」をご覧ください。

また、「遠隔複写サービスの案内」をご確認の上お申し込みいただきますよう、お願いします。

<郵送で申し込む>

複写を希望する資料の種類に応じた「郵送用資料複写申込書」をプリントアウトし、太線枠内の所定の事項をご記入のうえ、郵送でお申込みください。

●郵送用資料複写申込書(中国学術雑誌全文データベース(CAJ)専用) [PDF 17.4 KB]

「申込書記入見本」[PDF 210.0 KB]

●郵送用資料複写申込書(KISS(Koreanstudies Information Service System)専用)[PDF 229KB]

「申込書記入見本」[PDF 248KB]

「郵送用資料複写申込書」の郵送先

〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係

受取・料金支払い

  • 複写製品は、申込書記載の住所宛に郵送します。申込受付後、5開館日程度で発送します。
  • 料金は後払いです。複写製品に請求書等を同封しますので、製品の内容をご確認の上、受取後20日以内にお近くの金融機関からお支払いください。なお、振込手数料はお申込者負担となります。複写料金のほか、梱包料、消費税および送料がかかります。
  • 複写料金については、複写料金表をご覧ください。

ご注意

  • メール・FAXによる申込みは受け付けていません。
  • 申込書1枚につき1件(1論文)ずつご記入ください。
  • 一度にお申込みいただけるのは、現在作業中のものも含めて記事20件(1件=1論文または1箇所)以内です。20件を超える記事の複写をご希望の場合は、現在お申込みの複写物がお手元に届いたのちに、改めてお申込みください。
  • その他知っておいていただきたいことについて、遠隔複写サービスのページでご案内していますので、お申込み前にご覧ください。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡