平成16年度アジア情報研修を下記の要領で開催しました。

  • 日程:平成17年1月27日(木)、28日(金)
  • 会場:国立国会図書館関西館
  • 対象:アジア情報関連業務を担当する大学図書館、専門図書館および公共図書館等の職員
  • テーマ: アジア研究の動向と情報ニーズ:図書館の対応と情報資源の共有
  • 定員:20名

 

研修プログラム

第1日:1月27日(木)

研修プログラム 第1日
時間 内容 講演者等
10:00 「地域研究コンソーシアム」設立の背景-研究とその基盤としての情報資源について 押川文子
(国立民族学博物館地域研究企画交流センター長)
11:00 現代中国研究の動向-現代中国学会の動向を中心に 佐々木信彰
(大阪市立大学大学院経済学研究科教授)
13:00 情報ニーズ把握の試み-アジア経済研究所における取組み 重城忠純
(日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館長)
14:00 アメリカのアジア研究と図書館 Karen T. Wei
(全米アジア学会東亜図書館協会中国語資料部会長)
16:00 関西館アジア情報室の資料概要(見学を含む) 関西館資料部アジア情報課

第2日:1月28日(金)

研修プログラム 第2日
時間 内容 講演者等
10:00 大学図書館における情報発信とニーズへの対応 江川和子
(東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センター)
11:00 公共図書館におけるアジア情報ニーズへの対応 佐藤 晋
(福岡市総合図書館国際資料専門員)
13:00 日本におけるアジア情報資源の現状:「アジア情報関係機関ダイレクトリー」を編集して 関西館資料部アジア情報課
14:30 東南アジア刊行資料の充実に向けて 関西館資料部アジア情報課
15:30 懇談会

アジア情報室関連ページ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡