トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>アジアの新聞を調べるには-中国語、朝鮮語以外について-(レファレンス事例紹介): アジア情報室通報第1巻第4号

アジアの新聞を調べるには-中国語、朝鮮語以外について-(レファレンス事例紹介): アジア情報室通報第1巻第4号

アジア情報室通報 第1巻第4号(2003年12月)

ヘブライ語の新聞は所蔵していますか?モンゴルの新聞にはどういうものがありますか? その所蔵期間は? などなど、アジア情報室には新聞に関する問い合わせがたびたび寄せられます。カレント情報はもちろん、過去の情報を知る上でも重要な資料の一つである新聞について、中国語、朝鮮語以外のものの調べ方を紹介します。

当館所蔵の中国語、朝鮮語*以外の言語で書かれた新聞はNDL-OPAC(http://opac.ndl.go.jp/外部サイトへのリンク)で検索します。

タイの新聞を例にとって、おもな検索方法を紹介しましょう。

・タイトル(原綴)がわかっている場合

アルファベット以外の文字を使用する言語の時は、ALA-LC方式**でローマ字化したものを「タイトル」の項目に入力して検索します。

・タイで発行された新聞の所蔵を調べる場合

書誌拡張検索画面で「各種コード」の▼ボタンをクリックして「発行形態」を選択、その右にある「リストから選択」ボタンをクリックして、「0203 新聞」を選びます。「各種コード」の「追加」をクリックして項目を増やしてから、同様の手順で「国名」(出版国)を選び、「リストから選択」で「TH タイ王国」を選んで検索すると、タイで発行された当館所蔵の新聞が本文の言語にかかわらずすべて表示されます。

・タイ語で書かれた新聞の所蔵を調べる場合

上記と同様の方法で、「発行形態」を「0203 新聞」にし、「各種コード」の項目を追加して、「本文の言語」から「tha タイ語」を選んで検索すると、当館所蔵のタイ語紙が、日本国内で発行されたものも含めすべて表示されます。

「各種コード」の項目を追加したり、他の項目を使用したりして、マイクロ資料だけを表示させるなど、さらに絞り込んだ検索も可能です。

次に、アジア各国でどんな新聞が発行されているかを知りたい時に利用する資料をいくつか紹介しましょう。まず、世界各国を対象としたものに、『世界のメディア』(教育社 1987) <当館請求記号UC2-E1> (以下<>内は当館請求記号) と『Regional surveys of the world』(Europa)シリーズがあります。前者は最新の情報ではないものの、世界の約180の国と地域のメディアについて各分野の傾向と現状、統計などを掲載しているほか、各国主要新聞の紙名の日本語の意味、発行地、言語、創刊年、発行頻度、発行部数などが一覧できます。後者は、「極東・オーストララシア」、「南アジア」、「中東・北アフリカ」、「東欧・ロシア・中央アジア」というように世界の地域別に刊行されています。各地域内の国ごとの「Directory」に「The Press」の項があり、それぞれの国の主要な新聞の出版地、連絡先、創刊年、刊行頻度、言語、発行部数などが記載されています。また、個々の新聞についての情報はありませんが、『日本新聞年鑑』(電通) は、各国の新聞の現況を簡潔にまとめています。第三世界の新聞を扱った資料として、『多文化社会図書館サービスのための世界の新聞ガイド』(日本図書館協会 1995) と『第三世界のマスメディア』(明石書店 1995) があります。どちらもデータは少し古いですが、アジア各国の新聞やメディアの状況を概説しており、それぞれの国情がうかがえる資料です。いずれも代表的な新聞の言語、発行地、発行頻度、創刊年、発行部数などを収録しているほか、特に前者は、紙名の音読み、紙名の日本語の意味、内容、入手方法も掲載しています。各国個別の資料として、『Niên Giám Báo Chí Việt Nam』(Bộ Văn Hóa Thông Tin) ,『Directory of Periodicals Published in India』(Sapra & Sapra Publishers) ,『Directory Urdu Newspapers and Periodicals』(All India Urdu Editors Conference 1998),『راهنمای مجله‌ها وروزنامه‌‌های ایران 』(National Library of the Islamic Republic of Iran) などがあります。いずれも新聞・雑誌のダイレクトリーで、紙名、創刊年、編集者、言語、刊行頻度、発行部数、連絡先などが掲載されています。

紙媒体の資料のほかに、電子的に新聞記事を入手することも可能です。閲覧室では、世界各国の新聞の約500紙の索引や抄録、約450紙の全文の収録を含んだ電子ジャーナル『ProQuest』を提供しています。アジア情報室のホームページに新しく掲載しました「アジア情報室開架雑誌/新聞一覧」では、アジア情報室で開架されている新聞の紙名、出版地、請求記号を載せるとともに、『ProQuest』収録のアジア地域の英字新聞についても記載していますので、詳しくはこちらをご覧ください。また「リンク集」では、各国・地域の「新聞」の項で現地の主要新聞のサイトにリンクしていますので、こちらもご活用ください。

(http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/asia/asia.html)

*中国語、朝鮮語紙はアジア言語OPACで検索します。

(http://asiaopac.ndl.go.jp/

** 『ALA-LC romanization tables : transliteration schemes for non-Roman scripts』(Cataloging Distribution Service, Library of Congress 1997) <当館請求記号 UL633-A136>

ALA-LC Romanization Tables [last access: 2003.11.11]

http://lcweb.loc.gov/catdir/cpso/roman.html外部サイトへのリンク

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡