トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>韓国経済について調べる(レファレンスツール紹介35):アジア情報室通報 12巻3号

韓国経済について調べる(レファレンスツール紹介35):アジア情報室通報 12巻3号

アジア情報室通報 第12巻3号(2014年9月)
阿部 健太郎(国立国会図書館関西館アジア情報課)

最近の韓国経済は、製造業など一部の大企業が業績を驚異的に伸ばす一方、企業間格差や所得格差の拡大、物価高、若年層の雇用問題などの問題もある。本稿では、韓国の経済事情や統計情報を調べるための情報源を紹介する。

*【】内は、当館請求記号。ウェブサイトの最終アクセス日は2014年8月27日。特に断りのない限り、情報源の本文は韓国語である。

1 基本資料、政府刊行物・情報

『韓国経済の基礎知識』(ジェトロ(日本貿易振興機構) 2012)【DC147-J18】

日本語資料。韓国経済を統計データに基づいて紹介。政治、経済、社会、企業、FTA、日韓の経済関係など多方面から解説している。

『OECD economic surveys. Korea』(Organisation for Economic Co-Operation and Development)【Z61-F168】

英語資料。OECDの韓国経済に関する報告書。OECDのサイトで閲覧できる。
なお、『OECD 한국경제보고서(OECD韓国経済報告書)』(【DC147-K129】など)は、この資料を韓国語に翻訳したものである。
*OECD iLibrary http://www.oecd-ilibrary.org/

『韓國經濟年鑑 = Korean economic yearbook』(全國經濟人聯合會 年刊)【Z41-AK10】

業界団体と大企業から構成される全国経済人連合会が発行。韓国経済を概観し、財政・貿易などの各分野や農林水産業・工業・サービス業などの各産業の概況・動向を解説している。最新は2009年版。

『무역연감 = International trade yearbook(貿易年鑑)』(한국무역협회 年刊)【Z41-AK12】

韓国内外の経済環境や、韓国の貿易動向、製品別・貿易相手国別の輸出入動向などを解説。巻末に統計や日誌を付す。韓国貿易協会電子図書館のサイトで閲覧できる(ログインが必要)。
*KITA 전자도서관(KITA 電子図書館) http://ebook.kita.net/

『한국의 금융제도 = Financial system in Korea(韓国の金融制度)』 (한국은행 2011)【DF137-K44】
『한국의 금융시장 = Financial markets in Korea(韓国の金融市場)』 (한국은행 2012)【DF137-K52】

前者は、韓国の中央銀行である韓国銀行、一般銀行、各種金融機関、金融監督機構、金融市場などについて解説。巻末に年表を付す。後者は、短期金融市場、資本市場、金融派生商品市場について解説。いずれも韓国銀行のサイトで閲覧できる。
*한국은행(韓国銀行) http://www.bok.or.kr/

디지털예산회계시스템(Digital Budget & Accounting System)(デジタル予算会計システム)

https://www.digitalbrain.go.kr/
企画財政部が運営する財政情報サイト。予算・決算などの情報(予算説明書・決算報告書)や財政統計など財政に関する情報を総合的に提供する。

『경제백서(経済白書)』 (기획재정부 年刊)【Z41-AK21】

企画財政部発行の経済・財政に関する白書。主要日誌や統計なども掲載。企画財政部のサイトで閲覧できる。
*기획재정부(企画財政部) http://www.mosf.go.kr/

『지식경제백서(知識経済白書)』 (지식경제부 年刊)【Z41-AK180】

知識経済部発行の産業・貿易・資源に関する白書。所管法令の一覧や日誌も掲載。知識経済部は、パク・クネ大統領就任後に、産業通商資源部となった。同部のサイトで閲覧できる。
*산업통상자원부(産業通商資源部) http://www.motie.go.kr/

2 統計

2.1 インターネットの情報源

국가통계포털 (Korean Statistical Information Service) (国家統計ポータル)

http://kosis.kr/
統計庁が運営する統計ポータルサイト。約180の機関が作成する約660の国家承認統計を収録しており、16の分野に分類して提供。財政、貿易、雇用、物価、企業、国民経済計算、産業など経済関係統計も提供している。下で紹介する『한국통계연감(韓国統計年鑑)』などの刊行物も閲覧できる。英語版のページもあるが、16の分野のうち「行政」は提供しておらず、また刊行物も閲覧できない。

산업통상자원통계포털 (TIESTAP) (産業通商資源統計ポータル)

http://statistics.motie.go.kr/
産業通商資源部が運営する統計ポータルサイト。貿易・産業・エネルギー・情報通信などの統計を閲覧できる。

한국은행 경제통계시스템 (Economic Statistics System) (韓国銀行経済統計システム)

http://ecos.bok.or.kr/
韓国銀行が運営する統計サイト。金融(通貨、預金・貸出、金利、物価、為替)関連統計のほか、一般的な経済統計も閲覧できる。下で紹介する『경제통계연보(経済統計年報)』などの刊行物も閲覧できる。英語版のページもあるが、刊行物は閲覧できない。

2.2 紙媒体の情報源

『韓国経済・産業データハンドブック』 (アジア産業研究所 年刊)【Z3-2270】

日本語資料。韓国経済全般のほか、農林水産業や製造業などの各種産業・製品について動向を解説、関連統計を掲載する。この資料は、上で紹介した韓国語の資料『韓國經濟年鑑』を出版していた全国経済人連合会の協力を得て編集・出版されたもの。本文構成はほぼ同一。

『韓国の産業と市場』 (ビスタピー・エス 年刊)【Z3-B684】

日本語資料。産業別・製品別の統計集。解説はないが、データ量は多い。特定の産業や製品に関する別冊が不定期に発行される。

『韓国』(東アジア長期経済統計 別巻1) (勁草書房 2006)【DT331-H20】

日本語資料。賃金、国民経済計算、貿易、金融などの長期統計を掲載。

『한국통계연감(韓国統計年鑑)』 (통계청 年刊)【Z41-AK31】

統計庁が発行する韓国の総合的な統計集。経済関係では、人口、雇用、産業、貿易、財政、金融、物価、国民経済計算などの統計を掲載。英文併記。

『경제통계연보(経済統計年報)』 (韓國銀行 年刊)【Z41-AK32】

通貨・金融、証券、物価、国際収支・為替、国民経済計算、産業連関表などの統計を掲載。英文併記。

3 経済紙・誌

3.1 経済紙

ウェブサイトでは、主要記事の全文(または一部)を閲覧できる。

『東洋経済日報』【Z85-370】

http://www.toyo-keizai.co.jp/
日本語資料。日本で発行されている韓国経済の専門紙。

『매일경제(毎日経済)』【Z91-AK53】

http://www.mk.co.kr/
ウェブサイトには日本語版や英語版のページもあるが、閲覧できる記事は韓国語版より少ない。

『한국경제(韓国経済)』【Z91-AK2】

http://www.hankyung.com/

3.2 経済誌

経済専門の週刊誌には次のようなものがある。ウェブサイトでは、主要記事を閲覧できる。

『매경 economy(毎経economy)』 (매일경제신문사)【Z3-AK32】

http://economy.mk.co.kr/

『이코노미스트 : 중앙일보 경제주간지(エコノミスト : 中央日報経済週刊誌)』 (중앙일보시사미디어)【Z3-AK62】

http://magazine.joins.com/economist/

4 経済史

李憲昶『韓国経済通史』 (法政大学出版局 2004)【DC146-H3】

日本語資料。李憲昶『韓國經濟通史』(법문사 1999)を修正・補完して日本語に翻訳したもの。

李憲昶『韓國經濟通史』

詳細な内容をもつ韓国経済の通史。史実のみならず、研究史や最新の学説・論点まで整理している。最新版は、제6판(해남 2014) 【DC146-K49】。当室では、제3판(法文社 2006)【DC146-K36】、제5판(해남 2012)【DC146-K44】も所蔵。

『한국경제60년사(韓国経済60年史)』 (한국개발연구원 2010)【DC147-K127】

経済発展に関する研究をおこなう政府出捐研究機関である韓国開発研究院が発行。
「경제일반(経済一般)」「산업(産業)」「대외경제(対外経済)」「국토•환경(国土・環境)」「사회복지•보건(社会福祉・保健)」の5巻構成。

『光復 이후 50年間의 經濟日誌 : 景氣循環變動과 主要經濟施策 (光復以後50年間の経済日誌 : 景気循環変動と主要経済施策)』 (統計廳 1995)【DC147-K55】

主要経済施策とその背景・趣旨、主な内容に関する年表。景気循環に関する図表も収録。

『한국무역사(韓国貿易史)』 (한국무역협회 2006)【DE313-K56】

韓国貿易協会が発行。1945年以後の貿易史を詳説し、貿易相手国別の輸出入動向も解説。巻末に年表を付す。

이영훈[ほか]『한국의 은행 100년사(韓国の銀行100年史)』(산하 2004) 【DF256-K19】

開港期・大韓帝国期以降の、主に一般銀行の歴史を解説。巻末に年表を付す。


なお、韓国の産業と企業については、それぞれ次のコンテンツをご参照いただきたい。

「韓国の産業について調べる」 http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin8-3-3.php

「会社情報の調べ方(韓国)」 http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-asia-75.php

(あべ けんたろう)

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡