トップアジア諸国の情報をさがす刊行物アジア情報室通報>『「中国製造2025」解読資料』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(15):アジア情報室通報 15巻4号

『「中国製造2025」解読資料』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(15):アジア情報室通報 15巻4号

1.20. 工业和信息化部 编『《中国制造2025》解读材料(「中国製造2025」解読資料)』北京:電子工業出版社, 2016.1, XIV, 281p 【DL319-C100】

2015年5月19日、中国国務院は、中国の製造強国戦略を実施するための10年計画「中国製造2025(中国制造2025)」[1]を発表した。この計画は、国務院の指導のもと、工業情報化部が、国家発展改革委員会、科技部、財政部等22の部門と共同で策定したものである。同計画は、イノベーションの促進や基礎工業の強化等のキーポイントのほか、先進的な製造分野やハイエンド製造設備等の重点領域に対して、産業構造のグレードアップ、品質・効率向上の戦略と政策措置を提案している。

「中国製造2025」は国内外の注目を集め、多数の解説書や解説記事が出版、発表されてきた[2]。他方、本書は、工業情報化部が編集した唯一の「公式ガイドブック」である。冒頭に「中国製造2025」の全文を掲載し、続いて工業情報化部の各担当部門による領域・テーマ別の34トピックを、「総合編」「戦略任務編」「重点領域編」「支援保障編」の4編に分けて掲載している。うち27トピックについては、工業情報化部のウェブサイト[3]でも閲覧可能である。

本稿では、「重点領域編」の14トピックのうち、上記ウェブサイトに掲載されておらず、またこれまで日本語ではあまり紹介されてこなかった「新材料」領域について紹介する。

  • 新材料[4]が「中国製造2025」の発展を支える(工業情報化部 原材料工業課)

第12次五か年計画以来、中国の材料産業は大きく発展しているが、新材料が材料工業に占める割合は低く、「製造強国」に求められる水準には達していない。新材料領域の強化のためには、①ベアリングや樹脂等の先進的な基礎材料、②カーボン繊維、高温合金等、製造業発展のキーとなる主要材料、③メタマテリアル、ナノ素材等、新しい需要に応える最先端の新材料の3分野を重点的に強化した上で、①材料生産の重要技術に係る設備的な制約の解決、②新材料領域におけるイノベーションを実現する企業や研究所等の形成、③新材料領域の規格の整備が必要である。

これらを促進するため、工業情報化部は、「中国製造2025」の実施ガイド「1+X」[5]の1篇として、「新材料産業発展ガイド」を作成した。「新材料産業発展ガイド」は、「中国製造2025」の新材料産業領域に焦点を当て、目標、重点領域、施策をさらに詳細化、明確化している。今後、「中国製造2025」とその関連計画に基づき、業界管理体制の基盤構築、イノベーションのリスクを保障する仕組みの整備、軍民双方向の技術協力の推進等の体制強化を行う。

(アジア情報課 齊藤 まや)

[1] 工業情報化部のウェブサイト内に「中国製造2025」の特設サイトが公開されている。
「中国制造2025」工业和信息化部
http://www.miit.gov.cn/n973401/n1234620/index.html
「国务院关于印发《中国制造2025》的通知」2015.5.8.(「中国制造2025」の全文を掲載)
http://www.miit.gov.cn/n973401/n1234620/n1234622/c4409653/content.html
また、科学技術振興機構のサイトで「中国製造2025」の日本語訳を公開している。
研究開発戦略センター海外動向ユニット「「中国製造2025」の公布に関する国務院の通知の全訳」2015.7.25.
https://www.jst.go.jp/crds/pdf/2015/FU/CN20150725.pdf

[2] 例えば、以下のような記事がある。
郭朝先、王宏霞「中国製造業の発展と「中国製造2025」計画」SciencePortal China, 2015.10.30.
http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/1511/r1511_wang01.html
関志雄「「製造強国」を目指す「メイド・イン・チャイナ2025」計画」独立行政法人経済産業研究所, 2015.8.4.
http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/150804sangyokigyo.html

[3] 「政策解读」工业和信息化部
http://www.miit.gov.cn/n973401/n1234620/n1234623/index.html

[4] 部材、部品の製造に用いる材料のうち、近年に新しく開発され、伝統的な材料にはない優位性や特殊な功能を備えているのが「新材料」である。繊維強化プラスチック、ナノ素材等が知られている。

[5] 「中国製造2025」の実施ガイドの総称で、2017年2月10日に公開された。実施ガイド自体に強制力はないが、政府の指導力強化や重点課題の推進や難課題の解決等の参考に資することを目的に作成されている。全11件の実施ガイドは、以下のウェブサイトでダウンロードできる。
「《中国制造2025》"1+X"规划体系文本链接」工业和信息化部
http://www.miit.gov.cn/n973401/n1234620/n1234623/c5542102/content.html
(参考)曹暉「中国、「中国製造2025」実施ガイド「1+X」を制定」日経テクノロジーオンラインウェブサイト, 2017.2.14.
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/011300091/021300032/?rt=nocnt

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡