トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>1945年以前発行の朝鮮の新聞を調べる(レファレンスツール紹介13):アジア情報室通報第6巻第4号

1945年以前発行の朝鮮の新聞を調べる(レファレンスツール紹介13):アジア情報室通報第6巻第4号

アジア情報室通報 第6巻第4号(2008年12月)
渡部淳

当館には、「戦前、ソウルに住んでいたことがあり、当時のソウルの新聞記事を探している」といった、朝鮮の新聞についての問い合わせが多数寄せられます。ここでは、アジア情報室で所蔵している資料を中心に、1945年以前発行の朝鮮の新聞を調べるのに役立つ資料、および新聞記事の検索・閲覧ができるウェブ情報源を紹介します。

< >内は当館請求記号、タイトルがハングル表記の場合は( )内にタイトルの日本語訳を併記しました。◆はインターネット情報で、引用するインターネットサイトの最終接続日は2008年11月27日です。

(1) どんな新聞が発行されていたかを知る

1945年以前の朝鮮でどんな新聞が発行されていたかを知るには、以下の資料が有用です。

①『韓國新聞通鑑』(朝鮮日報社, 2001)(本文はハングル)

1880年代から2000年ごろまでに発刊された新聞が、発行年代順に一覧されています。発行地・創刊日から、新聞名を通覧するのに便利です。主要な新聞については、発行の経緯・沿革・歴史が、紙面の写真を交えて紹介されています。

②『韓國新聞百年 : 史料集』(韓國新聞硏究所, 1975)(本文はハングル)

1880年代から1974年までに発刊された新聞について、創刊日・発行地・発行の経緯・紙名の変遷・紙面のイメージなどが掲載されています。各新聞の概略を知るのに適した資料です。p.180の「日本人発行の日本語新聞」には、1933年当時発行されていた日本語新聞の一覧が掲載されています。

③『日本新聞年鑑』(日本図書センター, 1985-1986) (本文は日本語)

1921年から1941年まで新聞研究所から年刊として発行された『日本新聞年鑑』の復刻版です。日本国内の新聞だけでなく、朝鮮で発行された日本語および朝鮮語新聞の一覧も掲載されています。

④『新聞総覧』(大空社, 1991-1995)(本文は日本語)

1910年から1943年まで日本電報通信社から年刊として発行された『新聞総覧』の復刻版です。日本国内の新聞だけでなく、朝鮮で発行された日本語および朝鮮語新聞についても、沿革・当時の社況・役員の氏名等が掲載されています。

(2) 新聞業界の歴史を調べる

⑤『韓國新聞史』(一潮閣, 1990)(本文はハングル)

1880年代から1980年ごろまでの、新聞業界の動向・新聞発行の歴史などが記述されています。

⑥『韓國言論100年史』(한국언론인연합회, 2006) (本文はハングル)

新聞・放送・出版等のマスメディアの歴史が記述されています。新聞紙面の写真が豊富に掲載されています。

⑦『韓國言論年表 : 1881-1945』(寬勳클럽信永硏究基金, 1979)(本文はハングル)

1881年から1945年までの言論に関する事項の年表です。新聞の創刊日・廃刊日のほか、押収・差押・発行停止などの筆禍事件の日付も調べることができます。また関連法規の条文も掲載されています。

⑧『新聞百年人物事典』(韓國新聞編輯人協會, 1988)(本文はハングル)

1880年代から1980年代までの新聞業界に関わった8,241名の人名事典です。新聞社の役員・編集委員、大学の新聞学の教員などが収録されています。付録に主要新聞社の役員名簿が付されています。

なお、個々の新聞社の歴史を調べるには、社史を見るのが有効です。1945年以前に創刊し現存する新聞の社史としては、以下のものがあります。全て本文はハングルです。

⑨『東亞日報社史』(東亞日報社, 1975-)
⑩『朝鮮日報80年史』(朝鮮日報社, 2000)
⑪『慶南日報九十年史』(신경남일보사, 1999)
⑫『’서울신문100년사』(ソウル新聞100年史) (서울신문사, 2004)

(3) 新聞の所蔵を調べる

(1)(2)で見つかった新聞の所蔵を調べるには、以下の方法があります。

◆NDL-OPAC
(https://ndlopac.ndl.go.jp/)

当館所蔵の日本語新聞および洋新聞を調べることができます。メニュー画面から「一般資料の検索/申込み」を選択し、「和雑誌新聞」および「洋雑誌新聞」にチェックした後、「タイトル」欄に新聞名を入力して、検索してください。なお、日本語新聞および洋新聞は主に東京本館で所蔵しています。

◆アジア言語OPAC
(http://asiaopac.ndl.go.jp/)

当館所蔵の朝鮮語新聞を調べることができます。「書名」欄に新聞名を入れて、検索してください。なお、朝鮮語新聞は主に関西館で所蔵しています。

◆全国新聞総合目録データベース
(http://sinbun.ndl.go.jp/)

日本全国約1,300機関の新聞の所蔵を調べることができます。メニュー画面から「新聞の検索」を選択し、新聞名等を入力すると、所蔵機関を検索できます。出版国に「大韓民国」または「朝鮮」と入力することで、検索結果を絞り込むこともできます。

当館が所蔵している新聞の一覧は、当館ホームページ「テーマ別調べ方案内」(http://www.ndl.go.jp/jp/data/theme.html)の「1945年以前に朝鮮半島で発行された日本語新聞および洋新聞」および「1945年以前発行の当館所蔵の朝鮮語新聞」に掲載しています。

(4) 新聞記事を検索する

いくつかの新聞については、索引から記事を検索することができます。

⑬『東亞日報索引』(東亞日報社, 1970-1982)(本文はハングル)

『東亞日報』の1920年から1962年までの記事について、用語から関連記事の掲載日付・紙面を調べることができます。

◆東亜日報社内のサイト「東亜日報記事DB」(http://www.donga.com/news/dongadb/index_20.html外部サイトへのリンク)からも、1920年から1962年までの記事を検索できます。記事名・主題・日付等を入力し、「검색하기」(検索する)と書かれたボタンをクリックすると、検索結果が表示されます。会員登録すれば、有料で記事を閲覧することもできます。

⑭『朝鮮日報抗日記事索引』(朝鮮日報社, 1986)(本文はハングル)

『朝鮮日報』の1920年から1940年までの抗日関連記事の索引です。用語から関連記事の掲載日付・紙面を調べることができます。

⑮『韓國新聞社說總覽』(방일영문화재단, 1999) (本文はハングル)

1883年から1999年までの期間に発行された新聞49紙について、社説題目を一覧にしたものです。新聞ごとに日付順に排列されています。なお、ここで見つかった社説記事の一部は、『韓國新聞社說選集』(방일영문화재단, 1995-2000) (本文はハングル)に収録されています。

(5) インターネットで新聞を読む

新聞記事を検索・閲覧できるインターネットサイトも数多く公開されています。

◆⑯韓国国立中央図書館電子図書館DB
(http://www.dlibrary.go.kr/WONMUN/index_codetree.jsp?v_dbid=NCL_DB_E外部サイトへのリンク)

1945年以前に発行された新聞31紙を対象に、106万件の記事を収録したデータベースです。新聞名・記事名・日付から記事を検索できます。なお、原文の閲覧には専用のビューワーが必要です。

◆⑰韓国歴史情報統合システム
(http://www.koreanhistory.or.kr/外部サイトへのリンク)

国史編纂委員会・韓国学中央研究院・ソウル大学奎章閣など13機関が構築したデータベースを横断検索できるシステムです。新聞については、91紙のデータベースが収録されています。トップページの右部「디렉토리」(ディレクトリー)から「연속간행물」(連続刊行物)を選択すると、雑誌・新聞の一覧画面に遷移します。そこから新聞名・日付を選択することで、読みたい記事を特定し閲覧することができます。キーワードを直接検索窓に入力して、記事を検索することもできます。なお、原文の閲覧には専用のビューワーが必要です。

◆⑱神戸大学新聞記事文庫
(http://www.lib.kobe-u.ac.jp/sinbun/index.html外部サイトへのリンク)

神戸大学経済経営研究所によって作成された、明治末~昭和45年までの新聞切抜資料「新聞記事文庫」をデジタル化したものです。朝鮮の新聞では、朝鮮総督府の機関紙『京城日報』の1913年3月9日~1944年7月26日までの記事の一部を、原紙のイメージ画像およびテキストで閲覧することができます。

◆⑲朝鮮総督府官報活用システム
(http://gb.nl.go.kr/外部サイトへのリンク)

親日反民族行為真相糾明委員会などが運営している、『朝鮮総督府官報』の原文データベースです。1910年8月29日~1945年8月30日までの記事の一部が公開されています。日付・分類・人名から読みたい記事を検索することができます。記事を特定した後、「지면보기」(紙面を見る)と書かれた水色のボタンをクリックすると、別画面が開いて、記事を閲覧することができます。

以上、1945年以前発行の朝鮮の新聞を調べるのに役立つ資料を紹介しました。当館の所蔵などについて、ご不明な点がありましたら、お気軽にアジア情報室(電話 0774-98-1390)までお問い合わせください。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡