トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>インターネットで探す中国の政府情報--中国の食の安全を切り口に(レファレンスツール紹介14) :アジア情報室通報 第7巻第1号

インターネットで探す中国の政府情報--中国の食の安全を切り口に(レファレンスツール紹介14) :アジア情報室通報 第7巻第1号

アジア情報室通報 第7巻第1号(2009年3月)
篠田麻美

中国では「政府信息公开条例(政府情報公開条例)」で規定されているように、多くの政府情報が公開されており、中国政府のポータルサイト、各部門(日本では省庁に相当)のウェブサイトから有用な情報を得ることができます。

一方、近年、中国産の冷凍インゲンや中国製の餃子から農薬が検出された事件、中国製の粉ミルクにメラミンが混入していた事件などが相次ぎ、日本でも中国の食品の安全性に注目が集まっています。また、厚生労働省発表の統計によると、日本の食料自給率は39%1であり、金額ベースの主要輸入相手国のうち、中国は農林水産物(1兆2,068億円)、農産物(6,945億円)で第2位、水産物(3,336億円)では第1位を占めています2。こうした統計からも日本の食生活が中国に大きく依存していることがわかります。

今回は、中国食品の安全性という視点から、インターネット上で公開されている中国の政府情報をご紹介します。すべてのウェブサイトの最終接続日は2009年3月4日です。

1.中华人民共和国中央人民政府门户网站(中華人民共和国中央人民政府ポータルサイト)(http://www.gov.cn外部サイトへのリンク)

中华人民共和国中央人民政府门户网站(以下、政府ポータル)は、国務院弁公室が企画を担当しており、2006年に正式に公開されました3

中国の概況や、国家・政府機構等の基本的な情報をはじめとして、重要なニュース、さまざまな公文書や法令等の情報が公開されており、政治、経済など中国社会の各分野の最新動向を把握できるウェブサイトです。情報の公開も進んでおり、例えば「网上直播(オンライン中継)」では、全国人民代表大会、中国人民政治協商会議などがオンラインで中継されています。また、過去の公開コンテンツについては、写真が掲載され、発言の記録も読むことができます。

各部門、地方、各国の中国領事館などへのリンクも提供され、文字通り中国の政府情報の入り口となっています。情報量が大変多いサイトですが、ここでは「公文公报(公文書・公報)」と「法律法规(法律・法規)」についてご紹介します。

 

(1)「公文公报」(http://www.gov.cn/zwgk/index.htm外部サイトへのリンク)

「国务院令(国務院令)」など7種類の国家の公文書、国務院公報、「政府白皮书(政府白書)」、地方政府の公文書等が掲載されています。国務院公報には、国務院が公布する行政法規、決定、命令などの文書、国務院が決定した関連機関の調整事項、行政区画の変動や人事任免の決定、国務院の各部門が公布する重要な規章(規則)・文書、国務院の首脳陣が決定した重要な文書が収録されています。2000年以降の国務院公報が掲載されており、「综合检索(総合検索)」(http://www.gov.cn/ziliao/gbgg/jingtai/gbgg_gwygb_zhjs.htm外部サイトへのリンク)では、タイトル、全文、公表された時期や公表した部局などで検索できます。

例えば、政策の基本となる五カ年計画もここから探すことができます。正式名称の「中华人民共和国国民经济和社会发展第十一个五年规划(中華人民共和国国民経済および社会発展第十一次五カ年計画)」を全文を対象に検索してみると、当該計画とそれに基づく計画類が表示されます。食品安全に関しては「国家食品药品安全“十一五”规划(国家食品薬品安全”十一五”計画)(http://www.gov.cn/gongbao/content/2007/content_635546.htm外部サイトへのリンク)」が挙げられます。この文書は2007年4月17日に公表されており、第十一次五カ年計画に基づき、食品、薬品、飲食の衛生の管理監督を強化し、食品や薬品の安全性を高めるための計画で、食品安全情報の監視を90%以上カバーすることなどの数値目標も掲げられています。

また「政府白皮书」には、2007年8月に国務院新聞弁公室から発表された「中国的食品质量安全状况(中国の食品品質安全状況)(http://www.gov.cn/gongbao/content/2007/content_764220.htm外部サイトへのリンク)」が公開されています。食品の生産と品質の概況、食品の監督管理の体制、食品の輸出入の監督管理、食品安全のための法律や法規・技術、食品の安全に関する国際協力など5項目について現状をまとめた白書です。この白書では、中国の食品安全に関する法律として、「中华人民共和国食品卫生法(食品衛生法)」等の11件が、行政法規として、「国务院关于加强食品等产品安全监督管理的特别规定(食品等製品の安全への監督管理を強化する国務院の特別規定)」等13件、部門規章として、「食品卫生许可证管理办法(食品衛生許可証管理規則)」等10件が挙げられています。

(2)「法律法规」(http://www.gov.cn/flfg/index.htm外部サイトへのリンク)

白書に挙げられている、それぞれの法令の全文を政府ポータルで閲覧できます。法令のタイトル、本文から検索することもできます。例えば「国务院关于加强食品等产品安全监督管理的特别规定」を全文を対象に検索してみると、「食品标识管理规定(食品ラベル管理規定)」、「食品召回管理规定(食品回収管理規定)」等、この特別規定に基づいた関連諸規定も探すことができます。

2.全国人民代表大会(http://www.npc.gov.cn/外部サイトへのリンク)

中国の法令のうち、法律は全国人民代表大会および全国人民代表大会常務委員会により制定されます。「常务委员会 (常務委員会)(http://www.npc.gov.cn/huiyi/cwh/1106/node_7994.htm外部サイトへのリンク)」では常務委員会で審議中の法案について、審議の状況が公開されています。「法律草案征集意见(法律草案意見募集)」(http://www.npc.gov.cn/npc/flcazqyj/node_8176.htm外部サイトへのリンク)のページでは、草案を公開し、一般からの意見募集を行っています。

先に挙げた国務院特別規定は、近年国内外で発生している食品の安全性を脅かす事件への対応策として2007年7月26日に公布・施行されました。しかし、行政法規である特別規定では、法的基盤が不十分であるとされたため、この特別規定をもとに、既存の食品衛生法を取り込みながら管理体制の十分な確立を目指す「中华人民共和国食品安全法」が起草されました4。法律草案意見募集のページで2008年4月20日に草案(http://www.npc.gov.cn/npc/xinwen/syxw/2008-04/20/content_1424711.htm外部サイトへのリンク)が公開され、1ヶ月間の意見募集で9,604件にのぼる意見が寄せられました5。意見募集の後、再度審議に付される予定です。

3.国务院

政府ポータルでは掲載されていない、各部門の細かな通知や規則、統計情報などは国務院の各部門や直属機関のウェブサイトで提供されています。中国の政府機構がそれぞれどのような役割を担っているのかについては、政府ポータルの「政府机构(政府機構)」(http://www.gov.cn/gjjg/2005-08/01/content_18608.htm外部サイトへのリンク)で確認できます。各部門のウェブサイトの構成はさまざまですが、関連する法令、公告・通知、最新ニュースなどは共通して掲載されているようです。以下に食品安全に関連する各機関のウェブサイトをご紹介します。

(1) 国家食品安全网(国家食品安全網)(http://www.cfs.gov.cn/外部サイトへのリンク)

国家食品药品监督管理局(国家食品薬品監督管理局)が主管しているウェブサイトです。食品安全に関する政策・法規をまとめ、関連する各部門の動向についても紹介しています。

(2) 农业部(農業部)(http://www.agri.gov.cn/外部サイトへのリンク)

農業と農村経済を管轄し、農業関連製品、農産品、農薬などの品質監督・管理を行う国務院の部門です。「在线办事(オンライン業務)>结果公开(結果公開)」(http://www.agri.gov.cn/xzsp_web/jggk.asp外部サイトへのリンク)では、農薬の使用が許可された機関の一覧である「农药正式登记(農薬正式登記)」など、必要な許諾を得て登記された機関の情報が公開されています。

(3) 商务部(商務部)(http://www.mofcom.gov.cn外部サイトへのリンク)

国内外の貿易、国際経済協力などを管轄する国務院の部門です。政府が発行する公告や通知に加えて「行业服务(業務サービス)」では、各業界の動向を知ることもできます。また、商务部对外贸易司(対外貿易司)の「农产品贸易专题(農産品貿易の特定課題) > 日本“肯定列表制度”(日本ポジティブリスト制度)」(http://wms.mofcom.gov.cn/zt/column/subject/ncp/subjectlb.html?3271772432=3089805602外部サイトへのリンク)では、残留農薬の管理のために導入されたポジティブリスト制度に関して、日本側の通知、中国側の分析報告が公表されています。

(4) 卫生部(衛生部)(http://www.moh.gov.cn/外部サイトへのリンク)

医薬衛生事業を管轄し、食品に関する衛生業務、品質管理基準の作成、認証業務を監督する国務院の部門です。「卫生标准(衛生規格)」(http://www.moh.gov.cn/publicfiles//business/htmlfiles/zwgkzt/pwsbz/index.htm外部サイトへのリンク)では「GB/T 2760-2007:食品添加剂使用卫生标准(食品添加剤使用衛生規格)」等の関連規格類が公表されています。

(5) 国家工商行政管理总局(国家工商行政管理総局)(http://www.saic.gov.cn/外部サイトへのリンク)

工業、商業に関する行政を管轄し、市場を監督、偽造品など消費者の権益を侵害する不正行為の摘発などを行う国務院の直属機関です。

(6) 质量监督检验检疫总局(品質監督検験検疫総局)(http://www.aqsiq.gov.cn/外部サイトへのリンク)

中国国内の製品の品質管理、輸出入商品、動植物、食品の検査、検疫および食品安全に関する認証認可、標準化を管轄する国務院の直属機関です。「产品质量监督司(産品品質監督司)>质量抽查(品質サンプル調査)>质量公告(品質公告)>最新公告」(http://cpzljds.aqsiq.gov.cn/cpzlccxx/zlgg/zxgg/外部サイトへのリンク)では、各種のサンプル調査の結果について、検査に合格した企業、不合格の場合は不合格項目などが公開されています。


※中国のウェブサイトは、ブラウザによって表示や検索結果が異なるサイトも多いため、インターネットエクスプローラーでの閲覧をお薦めします。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡