トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>ペルシア湾岸諸国の王家・王族を調べる(レファレンスツール紹介18): アジア情報室通報 第8巻第1号

ペルシア湾岸諸国の王家・王族を調べる(レファレンスツール紹介18): アジア情報室通報 第8巻第1号

アジア情報室通報 第8巻第1号(2010年3月)
林瞬介

ペルシア湾岸諸国は、日本の輸入する原油の7割以上を生産するなど日本との経済的な繋がりが深く、また国際金融センターとして成長を続けてきたドバイや、代表的なアラブ系メディアであるアルジャジーラなどの名前は日本の報道でも日々、目にするようになりました。

湾岸諸国に共通する特色として、世襲制の君主(国王、首長)を元首とする君主制をとっていることが挙げられます。GCC(湾岸協力会議)加盟6か国のうち、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、バーレーンの5か国は君主制をとっており、大統領制をとっているアラブ首長国連邦も、その実態は7つの君主制国家(首長国)からなる連邦国です。

これら湾岸諸国の多くでは、現在も首相をはじめとする政治の要職が王族によって占められています。また、経済、文化、スポーツなど、社会の様々な分野で王族が大きな役割を果たしており、地域理解のためには王族の研究が不可欠です。

ここでは、湾岸諸国の王家・王族の系図や歴史、人名の調べ方を紹介します。

< >内は当館請求記号を示します。インターネットサイトの最終接続日は2010年2月24日です。

1 系図を探す

湾岸諸国の王家の系図を収録する系図集には、以下のものがあります。

『世界歴代王朝王名総覧. 新訂』ジョン・E.モービー著 東洋書林 1998 <G2-G13>

世界の主要な王朝について、歴代君主の在位期間と家族関係がまとめられた資料です。また、王朝の歴史に関する参考文献が収録されています。人名はカタカナ表記です。巻末に、王朝名・王家名のカナ索引とアルファベット索引があります。

『世界帝王系図集. 増補版』下津清太郎編 東京堂出版 2001 <GA39-G45>

様々な歴史書に掲載された世界の王朝の系図を抜粋した資料です。王朝名・王家名はカナ表記ですが、人名はアルファベット表記されています。索引は王朝名・王家名のカナ順です。

また、歴史分野の単行書に系図が記載されていることがあります。代表的なものは、当館ホームページの調べ方案内「アジア諸国の王朝の系図」(http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-asia-03.php)で紹介しています。

2 王家の歴史を調べる

王家の歴史について調べるには、各国の歴史を調べる方法のほか、王家についての項目を事典で探す方法があります。

『岩波イスラーム辞典』 大塚和夫〔ほか〕編 岩波書店 2002 <GE8-G15>

イスラム世界に関する日本語で書かれた参考図書のひとつです。他の参考図書と比べると近現代に重点を置いおり、現代の湾岸諸国の王家や王族についての項目も多く設けられています。

The Encyclopaedia of Islam. New ed. Brill 1960- <HR32-2>

イスラム世界を専門とする研究者の間で、基本参考図書として定評のある事典です。参考文献が充実しています。

このほか、次の雑誌記事も参考になります。

「中東情勢分析 GCC諸国の王家・首長家」

前田高行氏による『中東協力センターニュース』<Z1-298>誌上の連載記事です。GCC諸国の王家・首長家の歴史や現状について分析しています。なお、この連載記事は、中東協力センターのホームページ内「JCCMEライブラリー」 (http://www.jccme.or.jp/japanese/11/11-00-01.cfm)でPDFファイルを読むことができます。

3 王族の人名を調べる

一人一人の王族について調べるときは、人名事典を利用します。湾岸諸国のアラブ人名を人名事典で調べる方法は、本誌第5巻第3号(2007年9月)掲載の「近現代のアラブの人名を調べる」(http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin5-3-2.php)をご覧ください。

また、系譜書には、事典で見つからない傍系の王族の経歴を調べられるものもあります。

Burke's royal families of the world. Burke's Peerage 1980 <A112-300>

イギリスの系譜専門出版者Burkeによって出版された王族の系譜集で、第2巻「Africa & the Middle East」が湾岸諸国の諸王家を取り上げています。王族一人一人について、出生日および出生地、職歴、配偶者と子息の有無などの経歴が収録されています。巻末に、王朝名・家名のアルファベット順索引があります。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡