トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>韓国・北朝鮮の人物について職業から調べる(レファレンスツール紹介23):アジア情報室通報 第9巻第2号

韓国・北朝鮮の人物について職業から調べる(レファレンスツール紹介23):アジア情報室通報 第9巻第2号

アジア情報室通報 第9巻第2号(2011年6月)
飯島さとか

当館には、「韓国で活躍する政治家について知りたい」といった人物に関連するレファレンスが寄せられます。ここでは、アジア情報室で所蔵している朝鮮語資料を中心に、韓国・北朝鮮の人物について職業から調べるのに役立つ資料、およびウェブ情報源を紹介します。

【 】内は当館請求記号、タイトルがハングル表記の場合は( )内にタイトルの日本語訳を併記しました。◆はインターネット情報で、引用するインターネットサイトの最終接続日は2011年5月24日です。

1 職業別の人物事典

  • (1)収録対象の職業(人数が明記されている場合は人数も)
  • (2)掲載内容
  • (3)見出し語と排列順
  • (4)人物写真の有無
  • (5)付録
『歷代國會議員總覽 : 制憲國會-第11代國會』 (韓國國會人物史編纂會, 1983.4) 【A2-K6】
  • (1)歴代大統領、国会議員、地方自治体の首長や議員など主要政治家
  • (2)氏名(ハングル、漢字表記)、生没年、本貫、著書、経歴
  • (3)人名のハングル字母順
  • (4)写真あり
  • (5)第17代国会総選挙得票現況
『이명박 핵심 인맥 핵심 브레인』(李明博 核心人脈核心ブレーン)(중앙북스 2008.1)【A2-K14】
  • (1)李明博大統領のブレーン125名
  • (2)氏名、出身地、学歴、経歴、人間性、政策的特長など
  • (3)人名のハングル字母順
  • (4)写真あり
  • (5)分野別索引
『북한의 주요인물. 2009』(北韓の主要人物)(통일부 정보분석본부 정치사회분석팀 2006.12-)【A2-K18】
  • (1)北朝鮮の主要な人物302名
  • (2)氏名、現職、出生日、家族関係、主要な経歴
  • (3)韓国のハングル字母順(北朝鮮における表記も併記)
  • (4)写真あり
  • (5)北朝鮮関連研究などでしばしば言及される故人32名の氏名、死亡時職位、出生、主要な経歴・活動を掲載
『韓國法曹人大觀』(법률신문사 2009.9)【A112-K3】
  • (1)17,700余名の判事、検事、弁護士、憲法裁判官、憲法研究官および軍法武官、司法研修生
  • (2)出生年、出身地、学歴、経歴、専門分野、論文著書、賞勲、宗教、家族関係など
  • (3)見出しはハングル字母順
  • (4)写真あり
  • (5)索引・資料集編に、歴代法曹機関長の氏名、生没年、写真および生没年を収録、出身高等学校、出身大学別索引もあり
『韓國의 經營者 : 한국 경제 발전을 이끌어온 참다운 경영인』(韓国の経営者 : 韓国経済発展を導く真の経営人) (KMA , 2007.4) 【D6-K3】
  • (1)704の上場会社の役員
  • (2)氏名(ハングル、英語表記)、役職、担当業務、生年月日、出身地、住所、学歴、経歴、連絡先など
  • (3)会社名のハングル字母順
  • (4)写真なし
  • (5)人名のハングル字母順の索引
『全國大學敎授名簿』 (한국대학교육협의회, 1999-) 【F2-K4】
  • (1)201校の4年制大学、28校の大学院大学、2校の科学技術系大学の教授
  • (2)氏名、所属学部・学科、職級、専攻、担当科目、生年、性別、出身校および学位、任用期間
  • (3)大学ごと(大学名のハングル字母順)、専攻分野ごとに人名のハングル字母順
  • (4)写真なし
  • (5)なし
『全國學校長總覽』 (現代人物編纂會, 2004.1) 【F2-K6】
  • (1)韓国の小中高学校長
  • (2)氏名(漢字表記)、出世地、生年月日、家族関係、学歴、経歴、賞勲
  • (3)原稿提出順
  • (4)写真あり
  • (5)巻頭に人名のハングル字母順索引あり
『韓國工科大學 敎授名簿』(韓國工科大學長協議會 2009)【F2-K8】
  • (1)韓国内の工学系大学118校に所属する教授10,396名
  • (2)氏名、専攻、連絡先、出身校、学位、年齢など
  • (3)大学ごと(大学名のハングル字母順)、専攻分野ごとに人名のハングル字母順(一部例外あり)
  • (4)各大学の学長のみ写真を収載。
  • (5)教授名のハングル字母順索引
『韓國現代文人大事典』 (亞細亞文化社, 1991) 【KJ52-K106】
  • (1)1945年から1989年まで文壇に登壇した文人
  • (2)氏名(ハングル、漢字表記)、略歴、作品、参考資料
  • (3)人名のハングル字母順
  • (4)写真あり
  • (5)なし

2 一般的な人物事典

職業別にはなっていない一般的な人物事典では、職業からの検索はできませんが、人物が特定できていて、その人の職業を調べたい場合には有用です。

『한국인물사전』 (韓国人物辞典)(연합뉴스, 年刊) 【Z42-AK27】
  • (1)韓国内人物(政治・経済・社会・文化・体育界など各分野の主要人物)22,000名、在外同胞1,200名、北韓人物2,000名
  • (2)氏名(ハングル、漢字、英語表記)、生年月日、出身地、学歴、経歴、現職、著書など
  • (3)人名のハングル字母順
  • (4)写真あり
  • (5)巻頭に、広域市長および基礎団体長、広域議会の委員、教育委員、教育監の一覧あり(顔写真も)
『북한 인명 사전』 (北韓人名辞典)(서울신문社 年刊 現在の所蔵は2005年まで) 【Z42-AK22】
  • (1)北朝鮮における主要人物約3万人
  • (2)氏名(一部の人物には漢字表記もあり)、経歴、生年、学歴、動静など
  • (3)人名のハングル字母順
  • (4)一部の人物に写真あり
  • (5)なし

3 インターネット情報

ウェブ上にも、職業別に人物を調べることができる有用なサイトが数多くあります。

◆대한민국 국회(大韓民国国会)(http://www.assembly.go.kr/)

トップページ→「의원광장」(議員広場)→「국회의원 현황」(国会議員現況)→議員名のハングル字母順の一覧

一覧には、顔写真、氏名(ハングル、漢字、英語表記)選挙区を掲載しています。顔写真をクリックすると、その議員の生年、略歴、政党、選挙区、所属委員会、連絡先などを見ることができます。

同じページで、「국회의원 검색」(国会議員検索)の検索窓で、所属政党や委員会、地域、当選回数、氏名などで検索することができます。

◆KOREANISTS(http://www.clickkorea.org/koreanists/index.asp)

世界中の韓国研究者を検索することができるデータベースです。人名は翻字形式(英語表記)で検索します。所属、専門分野、学歴、経歴、連絡先などがわかります。

ここで紹介した資料以外にも、有用な資料、インターネット情報が数多くあります。アジア情報室で作成している「AsiaLinks -アジア関係リンク集-」の「人物 : 大韓民国(韓国)・朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮) 」(http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/persons-kor.php)などをご参照ください。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡