トップアジア諸国の情報をさがす所蔵資料の概要>アジア情報室所蔵資料の概要: コレクション: 上海新華書店旧蔵書

アジア情報室所蔵資料の概要: コレクション: 上海新華書店旧蔵書

概要

このコレクションは、 上海新華書店が保管していた中国書の見本約17万冊からなっており、 1930年代から1990年代初めまでの、 上海を中心とする地域の代表的出版物を多く含むものである。

上海新華書店は、 1937年に延安で創業した新華書店の分店の一つで、 1949年に設立された。
新華書店ははじめ解放軍に従い解放区に分店を開設して販路を拡大していった。 全国の都市および農村に販売網を持つ国営の新華書店は、 1950年代から1970年代にかけての中国国内の書籍の発行 (取次・販売) の中枢として機能しており、 上海新華書店は、 その華東地区における拠点的役割を果たしていた。

このコレクションは、1930年代から1990年代にかけての出版物の一大見本コレクションとして、 当館所蔵の中国語資料を補うばかりか、 当時の出版状況を知る上でも貴重な資料となっている。

蔵書構成

翻訳を含む文芸書、 毛沢東やレーニン、 マルクス・エンゲルスなどの著作集、 啓蒙書、 実用書、 古典、 連環画など、 ほぼ全分野にわたる。 出版社は上海のものが最も多く、 次いで北京のものが多い。

利用提供

約15万冊の遡及入力が終了し、関西館アジア情報室で利用可能です。

請求記号

「XP」 は 「上海新華書店旧蔵書」 を表す当館の分類記号。続くA~Dは大きさを表しています。

  • 縦20㎝未満の資料: XP-A-1~
  • 縦20㎝以上27㎝未満の資料:XP-B-1~
  • 縦27㎝以上32㎝未満の資料:XP-C-1~
  • 縦32㎝以上または横24㎝以上の資料:XP-D-1~

検索方法

NDL-OPACで検索可能です(ただし、タイトルの読みについては〈本タイトルのピンイン読み〉のみで検索可能です)。


アジア情報室関連ページ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡