トップ音楽・映像資料をさがす>手稿譜及びその関連資料

手稿譜及びその関連資料

このページでは、東京本館音楽・映像資料室で所蔵している手稿譜及びその関連資料をご案内します。

目次

1. 手稿譜及びその関連資料とは?

手稿譜とは、作曲家本人による自筆譜等の手書きの楽譜のことです。作曲家の創作意図や楽曲の創作過程をうかがい知ることができる貴重な資料です。

当館では、平成27年度から日本人作曲家の手稿譜及びその関連資料(歌詞原稿、台本等、作曲活動に関連するその他の資料)の収集を開始しました。

現在、当館では作曲家・林光(はやし・ひかる)氏旧蔵資料の一部を所蔵しています。

2. 利用方法

2-1. ご利用にあたって

  • 資料の閲覧には、利用者登録が必要です。未登録の方は、登録利用者制度のご案内ページをご覧の上、登録をお申込みください。
  • 手稿譜の閲覧には、事前予約が必要です。デジタル化資料などの代替資料がある場合には、代替資料での閲覧となります。
  • 関連資料の閲覧には、事前予約は不要です。
  • 手稿譜及びその関連資料の閲覧は許可制です。手稿譜及びその関連資料は、調査・研究を目的とする場合に限り、利用できます。デジタル化資料の閲覧には、許可は不要です。

2-2. 検索方法・資料一覧

手稿譜及びその関連資料は、当館の蔵書検索システムNDL-OPACでは検索できません。下記の資料一覧から探せます。

また、一部の手稿譜はデジタル化されており、国立国会図書館デジタルコレクションで検索・閲覧できます。(閲覧は館内限定です。)

<資料一覧>

資料リスト簡易版[PDF file: 229KB] 詳細版[TSV file: 197KB]
作品情報リスト[TSV file: 95KB]
各リストの見方について[PDF file: 145KB]
※資料種別が「手稿譜」または「手稿譜(複写)」である資料の閲覧には事前予約が必要です。

2-3. 予約・閲覧

(1) 手稿譜

【予約申込】
資料種別が「手稿譜」または「手稿譜(複写)」である資料については、音楽・映像資料室備付けまたは手稿譜の予約ページ掲載の「資料予約票」に、必要事項を記入し、カウンターに提出していただくか、FAXあるいは郵送でお申込みください。申込点数の上限は、1人1日3点です。

申込を受理してから翌開館日までを目安に担当からメール等でご連絡し、閲覧日の日程調整をさせていただきます。閲覧日の目安は、申込受理後5開館日以降となります。

【閲覧】
閲覧当日は、まず音楽・映像資料室のカウンターにお越しください。
事前に予約した手稿譜について、当室備付の「閲覧許可申請書」「資料請求票」を記入し、カウンターに提出してください。指定された閲覧席で、資料を閲覧していただきます。ただし、デジタル化作業が済んでいる場合は、デジタル化資料を閲覧していただきます。(その場合は「資料請求票」「閲覧許可申請書」の記入は不要です。)デジタル化資料からのプリントアウトはできません。

(2) 関連資料

資料一覧で請求記号等を確認の上、「資料請求票」「閲覧許可申請書」を記入し、音楽・映像資料室カウンターに提出してください。指定された閲覧席で、資料を閲覧していただきます。請求点数の上限は1回3点です。

3. 林光コレクションについて

オーケストラ、器楽曲、ピアノ曲、合唱曲、オペラ、映画音楽、音楽評論など多岐にわたる音楽活動で知られた林光氏(1931-2012)の手稿譜及び作曲活動に関連する資料のコレクションです。

平成28年3月現在、オペラ、合唱劇、管弦楽曲、重唱・合唱曲、吹奏楽曲、独奏曲、室内楽曲、映画音楽のジャンルの手稿譜538点、関連資料88点を所蔵しています。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡