トップ経済・社会・教育>1.現在の統計を検索するためのツール

1.現在の統計を検索するためのツール

現在刊行されている統計資料をキーワード・分類や実施機関名称等から検索するための各種ツールをご紹介します。また、統計資料を扱うために必要な基礎的知識を涵養するためのガイドブック類も数点挙げています。サイトの紹介では、リンク集や実際の数値にたどり着けるもののうち、定評のあるものを掲載しました。
ここで紹介している情報は、『参考書誌研究』第60号(2004年3月)、第72号(2010年3月)の記事をもとにしており、各資料について、著編者、発行年、ページ数、税込み価格、出版情報などを示すほか、四角囲みの中に◇で長所を、◆で留意点を記しています。ただし、『参考書誌研究』掲載時点の情報であり、その後の変更は反映されていないため、あくまで参考データとお考えください。

 

1.1 冊子体

1.2 インターネット

 

検索ツール対象時期一覧表

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡