調べ方ガイダンス:海外の新聞を調べるには

 

内容

国立国会図書館では、海外の新聞を約1,300紙所蔵しています。そのほか、データベースで利用できるものもあります。
今回NDL-OPACや全国新聞総合目録データベースを使った所蔵タイトルの調べ方に加え、データベースによる記事のキーワード検索の方法を中心にご紹介します。
※中国語・朝鮮語で書かれた新聞については対象外です。

 

日時

  • 2010年9月24日(金) 10:00~10:30(終了しました)
    ※開催日が変更になりました。

 

参加方法

1.当日、会場となる専門室の前で整理券をお受け取りください。(整理券は9:30から配布します。)

2.会場内で、黄色い腕章をつけた係員に整理券をお渡しください。整理券と引き換えに資料を配布します。

※予約は受け付けておりません。お早めにお越しください。
※参加希望者が多数の場合、ご参加いただけないこともあります。

 

定員

10名

 

会場・地図

新聞資料室(新館4階)

4階地図

 

配布資料

PDF(345KB)

 

お問い合わせ先

国立国会図書館 主題情報部 参考企画課 情報サービス第一係(ガイダンス担当)
TEL:03-3581-2331(代表)

 

「調べ方ガイダンス」のページへ戻る

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡