トップ関西館>関西館所蔵資料の検索方法

関西館所蔵資料の検索方法

国立国会図書館の所蔵資料の大部分は、NDL-OPACで検索できます。
ここでは、ご自宅や職場などからインターネット経由で関西館の蔵書を検索する方法についてご案内します。

※検索方法の詳細はNDL-OPACの「ヘルプ」をご覧ください。

NDL-OPAC

NDL-OPACにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。登録利用者IDをお持ちの方は、IDとパスワードをを入力してください。登録していない方は、ゲストログインから検索ができます。

NDL-OPACの《詳細検索》画面に移動します。この画面では詳細な条件を組み合わせて資料の検索ができます。

1. 所蔵館を「関西館」に変更し、 検索したい資料群にチェックを入れ、キーワードやタイトルや著者などに適切な情報を入力して検索します。

図1

※標準では所蔵館が「全館」となっていて、関西館で所蔵しない資料も検索されます。

2. 検索結果の一覧が出ます。所蔵を確認したい資料をクリックします。

図2

ここに表示される資料全てが関西館で利用可能とは限りません。下の4.まで確認する必要があります。

3. 書誌情報の詳細が表示されます。内容を確認して、「関西:総合閲覧室(またはアジア情報室)」をクリックします。

図3

4. 所蔵状況が確認できます。
ログインしている場合、利用できる資料には「複写」等のボタンが表示され、この画面から申込みを行うことができます。

図4

・利用上の注意欄に「利用不可」「作業中」「製本中」等が表示される場合、利用状況(貸出期限、搬送開始日など)欄に、「利用中」または日付が表示される場合等は少なくとも検索時点で利用できない状態です。

・また「利用できる資料がありません」と表示される場合も、関西館で利用できる資料はありません。

メディア変換済み原本資料について

「複写不可」と表示される資料の多くは、劣化対策のためメディア変換したもので、原本の利用提供は展示会などへの出品や調査研究上特に必要と認められる場合を除き、原則として行っていません。関西館で所蔵する明治・大正・昭和前期の資料等がこれに該当します。国立国会図書館デジタルコレクションをご利用ください。

ご不明な点につきましては、お電話でお問い合わせいただくか、関西館総合案内でお尋ねください。

特殊な検索が必要な資料

  • 科学技術関係資料
    NDL-OPAC《規格リポート類の検索》を利用する資料群が多くあります。詳細は各資料群についてのページをご覧ください。

 原装のまま保存する複本資料

1.趣旨
 当館では、我が国の出版文化を後世に伝承するため、出版文化史上、あるいは造本・装丁上意義があり、将来に示唆を与えると考えられる国内刊行資料を複本として収集し、函・カバー等の外装を含めた原装のままで保存しています。

2.対象資料
 一般社団法人日本書籍出版協会及び一般社団法人日本印刷産業連合会が毎年主催する「造本装幀コンクール」に出品された図書のうち、次のいずれかに該当するもの。

(1) 造本装幀コンクール事務局から寄贈を受けたもの
(2) (1)を除くもののうち、当館が購入等により収集することができたもの

3.資料リスト
 原装のまま保存する複本資料のリストは、次のとおりです。
 ※NDL-OPACでは検索できません。


4.利用方法
 公共的性格を有する各種展示会でのみご利用いただくことができます。(閲覧・複写等の利用はできません。)
 展示会でのご利用のための貸出しをご希望の場合は、下記のご連絡先までお問い合わせください。

【ご連絡先】
 関西館資料案内
 電話番号:0774-98-1341
 お問い合わせ時間:月曜日から土曜日までの9:30~17:00
 (毎月第3水曜日を除く)

 

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡