トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> GHQ/SCAP Records Adjutant General's Section (AG)

GHQ/SCAP Records Adjutant General's Section (AG)

GHQ/SCAP Records Adjutant General's Section (AG)

資料群名(日本語仮訳)

高級副官部(略称:AG)文書

資料形態

マイクロフィッシュ

数量

15,536枚

憲政資料室における分類名

AG

旧蔵機関名

Adjutant General's Section, GHQ/SCAP

歴史

高級副官部(AG)は、米太平洋陸軍総司令部(GHQ/AFPAC)(その後継の極東軍総司令部(GHQ/FEC))の高級副官部を兼ね、両総司令部の総務的職務を担った。文書(外部(JCS、日本政府など)へ発信される文書の処理・認証、通信・電信の処理・配付、総司令部の刊行物の編集・印刷、戦域内の陸軍郵便業務の監督)、将校等の人事(任用、栄典、休暇、災害)を担当した。組織図(PDFファイル 83KB)参照。

受入

当館では、米国国立公文書館(NARS、1985年以後NARA)でマイクロフィルムに撮影し、作製したマイクロフィッシュを1981~1982及び1986年度に受け入れた。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館(RG331)
※なお、AG文書は、NARAではGHQ/SCAP文書(RG331)と極東軍文書(RG554)とに分けて所蔵されている。

検索手段
関連資料
資料の構成

高級副官部のDecimal File(十進分類ファイル)に使用されている分類は、米陸軍省の十進分類である。詳細は米国国立公文書館の Filing Manuals のページ外部サイトへのリンク を参照のこと。

Administration Division 総務課
Mail and Records Branch
  • Decimal File, 1945-46
  • Decimal File, 1947
  • Decimal File, 1948
  • Decimal File, 1949-50
  • Decimal File, 1951-52
  • Miscellaneous Decimal File, 1945-52
  • General File, 1945-52
  • SCAP-Ins, 1945-49
  • Miscellaneous File, 1945-52
  • Classified Decimal File, 1945-47
  • Classified Decimal File, 1951-52
  • Classified SCAP-Ins, 1945
Reference Library
  • General File, 1945-52
Miscellaneous Branch, International Travel Office
  • Numerical-Subject File Dec. 1945-Apr. 1952
  • SCAP-Ins, 1945-52
  • General File, 1945-52
  • Correspondence, 1949-52
Miscellaneous Branch, Japanese Postal Affair Unit
  • Numerical File, 1945-52
Miscellaneous Branch
  • General Orders, 1948-52
Mail and Records Branch
  • Classified Decimal File, 1945-47
  • Classified Decimal File, 1948
  • Classified Decimal File, 1949
  • Classified Decimal File, 1950
  • Classified Decimal File, 1951-52
Miscellaneous Branch, International Travel Office
  • Historical Journals, 1946-47

「GHQ/SCAP文書」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡