トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> U.S. Administration of the Ryukyu Islands, 1946-1972

U.S. Administration of the Ryukyu Islands, 1946-1972

U.S. Administration of the Ryukyu Islands, 1946-1972

資料群名(日本語仮訳)

米国の沖縄統治

資料形態

マイクロフィルム

数量

7巻

憲政資料室における分類名

ARI

旧蔵機関名

(1) Office of the Chief of Military History, General Reference Branch, (2) Department of Army, Adjutant General's Office

歴史

海軍のニミッツ麾下の太平洋地域隷下の第10軍(陸軍)は、沖縄作戦(アイスバーグ作戦)による1945年4月1日の沖縄本島上陸後、占領地において軍政を開始した。1945年9月には軍政の管轄は、沖縄海軍作戦基地(Naval Operating Base, Okinawa)に移った。1946年7月1日、沖縄軍政は再び陸軍の所管となり、米太平洋陸軍(USAFPAC)(1947年1月以降極東軍)隷下の米西太平洋陸軍(AFWESPAC)(1947年1月以降フィリピン・琉球軍(1946年AFWESPAC一般命令第272号))隷下の琉球軍(Ryukyus Command)の管轄となった(1948年8月1日琉球軍はフィリピン・琉球軍から独立し、フィリピン・琉球軍はフィリピン軍と改称(GHQ/FEC一般命令第18号))。軍政は、これらの軍に付設された軍政担当副司令官(Deputy Commander for Military Government)を長とする軍政府により実施された。

1950年12月15日、極東軍司令官マッカーサーの指令により、それまでの軍政府に代わり、琉球列島米国民政府(The United States Civil Administration of the Ryukyu Islands, USCAR)が設置され、軍政府の職務を引き継いだ。極東軍司令官が琉球列島米国民政府の長官となり、琉球軍司令官が同副長官となった。1957年6月5日の大統領行政命令第10713号により沖縄は極東軍司令官の指揮下から国防長官の直轄下に入り、琉球列島米国民政府の長として高等弁務官が置かれた。

USCARは、1971年6月17日に調印された「沖縄返還協定」による1972年5月15日の本土復帰に先立つ同年5月12日に解散した。

受入

このマイクロフィルムは、Scholarly Resources社から市販されていた。当館では1991年度に購入した。

主な内容

米軍による沖縄統治の民政活動を政治分野、経済分野、社会分野に分けて説明した定期報告書。ただし、1949年10月から12月については発行はなく、1950年1月から1952年10月までは統計報告しか発行されていなかった。

主言語

英語

原資料の所在

(1) 米陸軍戦史センター、(2) 米国国立公文書館(RG 407)

検索手段
  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
資料の構成
Reel 1
  • Summation. Unites States Army Military Government Activities in the Ryukyu Islands / Commander-in-chief Far East
      No. 1 (For the months of July - November 1946) - No. 12 (For the months of July - August 1948)
    ※No. 1とNo. 2はCommander-in-chief United States Army Forces, Pacific の発行。
  • Summation. United Sates Army Military Government Activities in the Ryukyus
      No. 23 (For the month of September 1948) - No. 35 (For the month of September 1949)
    ※ただし、No. 30(For the month of April 1949)は欠
  • Ryukyu Statistical Bulletin / Headquarters, Military Government of the Ryukyu Islands
      No. 1 (January 1950) - No. 5 (May 1950)
Reel 2
  • Statistical Bulletin / Headquarters, Military Government of the Ryukyu Islands, Programs and Statistics Section
      No.6 (June 1950) - No. 8 (August 1950)
  • Ryukyu Islands Economic Statistics / Headquarters, Military Government of the Ryukyu Islands, Programs and Statistics Section
      No. 9 (September- December 1950)- No. 18 (June-October 1952)
    ※ただし、No. 10(Janurary- March 1951)は欠
  • Civil Affairs Activities in the Ryukyu Islands / United States Civil Administration of the Ryukyu Islands
      Vol. 1 No. 1 (For the period ending 31 December 1952) - Vol. 1 No. 2 (For the period 31 December 1952 to 30 June 1953)
Reel 3
  • Civil Affairs Activities in the Ryukyu Islands / United States Civil Administration of the Ryukyu Islands
      Vol. 1 No. 3 (For the period 1 July 1953 to 31 December 1952) - Vol. 5 No. 1 (For the period 1 October 1956 to 31 March 1957)
Reel 4
  • Civil Affairs Activities in the Ryukyu Islands / United States Civil Administration of the Ryukyu Islands
      Vol. 5 No. 2 (For the period 1 April 1957 to 30 September 1957) - Vol. 8 No. 1 (For the period October 1959 to 30 March 1960)
Reel 5
  • Civil Affairs Activities in the Ryukyu Islands / High Commissioner of the Ryukyu Islands
      Vol. 8 No. 2 (For the period 1 April to 30 September 1960)
  • Civil Administration of the Ryukyu Islands / High Commissioner of the Ryukyu Islands
      Vol. 9 No. 1 (For the period 10 October 1960 to 31 March 1961) - Vol. 11 (For the period 1 July 1962 to 30 June 1963)
Reel 6
  • Civil Administration of the Ryukyu Islands / High Commissioner of the Ryukyu Islands
      Vol. 12 (For the period 1 July 1963 to 30 June 1964) - Vol. 15 (For the period 1 July 1966 to 30 June 1967)
Reel 7
  • Civil Administration of the Ryukyu Islands / High Commissioner of the Ryukyu Islands
      Vol. 16 (For the period 1 July 1967 to 30 June 1968) - Vol. 20 (For the period 30 June 1971 to 15 May 1972)
    ※Vol. 20はOffice of the High Commissioner of the Ryukyu Islands 発行
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡