トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> United States Army Documents and Studies on the Japanese Free Balloons against the U.S. during the World War II

United States Army Documents and Studies on the Japanese Free Balloons against the U.S. during the World War II

United States Army Documents and Studies on the Japanese Free Balloons against the U.S. during the World War II

資料群名(日本語仮訳)

日本軍の米国向け風船爆弾に関する米陸軍文書・研究

資料形態

マイクロフィルム

数量

1巻

請求記号

BAL

旧蔵機関名

Western Defense Command

歴史

米陸軍西部防衛軍(Western Defense Command)は、米国本土を4つの戦略的地域に分けた1941年3月17日陸軍省の指令により、北東、中部、南部の防衛軍とともに設置された。西部防衛軍は、開戦前は地域の防衛計画の策定機関にすぎなかったが、真珠湾攻撃直後の12月11日に戦域に指定され、第4軍、第2及び第4航空軍、第9軍団地域を隷下に置き、西部防衛軍司令官は、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン、ネバダ、アイダホ、アリゾナ、ユタ、モンタナ、アラスカの軍隊及び軍施設を管理することになった。1942年3月からは西海岸地域からの日系人の強制退去を実施した。1942年5月には日本軍の西海岸攻撃に備えて米軍全体の西海岸の防衛体制の大幅な増強が行われた。

しかし、1942年6月のミッドウェー海戦以後は、日本軍による米本土攻撃の脅威がなくなったということで、西海岸に配備された軍隊は削減されていき、1943年9月には西部防衛軍から第4軍、第4航空軍が切り離され、10月27日には戦域指定が取り消され、11月1日にはアラスカがその管轄から切り離された。

1944年11月3日、飛来した風船爆弾が米本土で初めて発見され、1945年1月には西部防衛軍司令官が、第7、第8、第9補給軍の管轄区域での風船爆弾に関する諜報活動の調整官に任命され(海域について西部海司令官が任命された)、1945年6月からは同管轄区域内の対風船爆弾防衛の責任を負わされた。

受入

この資料は、米国議会図書館が1976年に「戦史総監部(Office of the Chief of Military History)歴史的マニュスクリプト・ファイル(Historical Manuscript File)」からマイクロフィルム化したもの。当館では1998年にマイクロフィルムの複製を入手した。

主な内容

日本の風船爆弾に関係する複数の資料の抜粋

主言語

英語

原資料の所在

US Army Heritage & Education Center

検索手段
  • マイクロフィルム冒頭のコンテンツリストを打ち出したもの (憲政資料室内備付冊子目録)
関連文献
  • History of the Western Defense Command, 5 vols. Fort MacArthur Military Press, [200-?]
    ※原資料の複製版
資料の構成
  • (1) History of the Western Defense Command, 17 March 1941-30 September 1945. Volume I, Chapter 5 (Japanese free balloons). pp. 1-6
  • (2) History of the Western Defense Command, 17 March 1941-30 September 1945. Volume IV (Chronology of Important Events). Appendix No. 1, pp. 14-15
  • (3) History of the Western Defense Command, 17 March 1941-30 September 1945. Volume V (Japanese Free Balloons and Related Incidents). Appendix No. 6 (Study No.1, Study No.2, Plans Covering Defense Against Japanese Free Balloons)
  • (4) Historical Record - Northern California Sector, Western Defense Command, 1 May 1942-September 1945. Section IV (Plans and Operations), Paragraph 9 (Japanese Free Balloon Attack). pp. 26-28
  • (5) Military History of Northwestern Sector, Western Defense Command. P. 6(1 para); appendix No. 20 (Summary of Balloon Incidents). 3p.
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡