トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> GHQ/SCAP Records, Civil Communication Section(CCS)

GHQ/SCAP Records, Civil Communication Section(CCS)

GHQ/SCAP Records, Civil Communication Section(CCS)

資料群名(日本語仮訳)  民間通信局(略称:CCS)文書

資料形態  マイクロフィッシュ

数量  3,215枚

憲政資料室における分類名  CCS

歴史  民間通信局(CCS)は、1945年10月2日、GHQ/SCAP の発足とともに設置された(一般命令第11号)。日本と朝鮮(韓国)(1948年3月まで)における民間電気通信と郵便の活用及び復旧に関する施策について最高司令官に助言することを任務とした。具体的には、戦争により崩壊した国内電気通信システムの復旧、電話・無線・放送システムの改善・整備、郵便事業の改善を担当した。その後、1951年10月3日に廃止され、代わって極東軍総司令部電気通信局(Signal Section, GHQ/FEC)がGHQ/SCAPの専門部(Special Staff Section)となり、郵便業務関係を除く職務と人員と文書は電気通信局に、郵便事業関係は高級副官部にそれぞれ引き継がれた(一般命令第27号)。

受入  当館では、米国国立公文書館(NARA)でマイクロフィルムに撮影し、作製したマイクロフィッシュを1989年度に受け入れた。

主な内容  覚書、電信文、マニュアル類、報告書、会議録など様々な文書。通信・郵便関係の国際会議の記録や、日本放送協会(NHK)に関する報告書なども含まれる。

主言語  英語

原資料の所在  米国国立公文書館(RG331)

検索手段

資料の構成

  • [課係名なし]
    Decimal File, 1945-51
    Subject File, 1945-51
  • Telephone and Telegram Division  電話・電信課
    Monthly Statement File, 1946-49
「GHQ/SCAP文書」
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡