トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Educational Reform in Japan, 1945-1952 Part 1

Educational Reform in Japan, 1945-1952 Part 1

Educational Reform in Japan, 1945-1952 Part 1

資料群名(日本語仮訳)

日本占領 教育改革 第1部

資料形態

マイクロフィッシュ

数量

461枚

請求記号

EDJ-1

受入

この資料集は、Congressional Information Service(CIS)社と丸善が1990年に刊行。当館では1994年度に購入した。

主な内容

占領期の教育改革に関する極東委員会文書、連合国最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)の日本政府への指令(SCAPIN)、同教育情報局文書などを収録した資料集(佐藤秀夫、鈴木英一、土持法一編集)。アイテム単位で整理され、かつ詳細な目録・索引が整備されているので検索が容易である。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館ほか

検索手段
  • マイクロフィッシュ付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ※各文書のアイテムごとの記述と事項・人名索引、文書番号順索引から成る。ProQuest社のサイトに目録のPDFファイル(2.4MB)外部サイトへのリンクが掲載されている。
関連資料
資料の構成
Part 1. Allied Nations Documents
  • Section 1-A-1 to 16: Far Eastern Commission(FEC)
  • Section 1-B-1 to 21: U.S. Government
  • Section 1-C-1: Australian Government
Part 2. General Headquarters,Supreme Command for Allied Powers(GHQ/SCAP)
  • Section 2-A-1 to 233: General
  • Section 2-B-1 to 418: Civil Information and Education Section(CIE)
  • Section 2-C-1 to 6: Civil Affairs Section(CAS)
Part 3. Japanese Government
  • Section 3-A-1 to 2: Cabinet
  • Section 3-B-1 to 39: Ministry of Education
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡