トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> GHQ/SCAP Records, Assistant Chief of Staff (G-2)

GHQ/SCAP Records, Assistant Chief of Staff (G-2)

GHQ/SCAP Records, Assistant Chief of Staff (G-2)

資料群名(日本語仮訳)  参謀第2部(略称:G-2)文書

資料形態  マイクロフィッシュ

数量  4,871枚

憲政資料室における分類名  GII *下掲NDL-OPAC上では「G2」

歴史  1945年10月2日、東京にGHQ/SCAPが設置された際(一般命令第1号)、参謀長(Chief of Staff)及び参謀部(General Staff Section)は、太平洋陸軍総司令部(GHQ/AFPAC、1947.1〜極東軍総司令部)とGHQ/SCAPの任務を兼任した。参謀第2部(G-2)は、諜報を担当し、占領軍のための日本語文書の翻訳、技術情報の収集、1946年6月からは外国使節とSCAPの機関との間及び日本政府と占領軍との間の公式の連絡、などを任務とした。
  1946年5月3日、GHQ/SCAPの専門部に置かれていた民間諜報局がG-2に移管された。その後民間諜報局は、1946年8月29日、G-2部長が局長を兼務して再び専門部に移管されたが、1951年8月9日に再び廃止され、その機能はG-2の民間諜報課へ統合された。部長は、マッカーサー解任に伴い辞任するまでウィロビー(Charles A. Willoughby)がつとめた。組織図(PDFファイル 137KB)参照。

受入  当館では、米国国立公文書館(NARA)でマイクロフィルムに撮影し、作製したマイクロフィッシュを1986年度に受け入れた。

主な内容  民間諜報局(CIS)公安課の文書が収められている。

主言語  英語

原資料の所在  米国国立公文書館(RG331) なお、G-2文書は、NARAではGHQ/SCAP文書(RG331)と極東軍文書(RG554)とに分けて所蔵されている。

検索手段

関連資料

資料の構成

  • Intelligence Division 諜報課
    Miscellaneous File, 1945-51
  • Military Intelligence Division 軍事諜報課
    Subject File, 1945-51
  • Intelligence Division 諜報課
    Library Section
    Subject File, 1945-50
  • Security Division 保安課
    • Civil Intelligence Section
      Subject File, 1945-50
      Subject File, 1945-52
      SCAP-Ins, 1945-51
      Subject File, 1945-51
  • Public Safety Division 公安課
    Decimal File, 1946-52
    General File, 1946-50
    Miscellaneous File, 1946-50
    • Fire Branch
      Subject File, 1945-52
    • Maritime Branch
      Subject File, 1945-52
    • >Police Branch
      Subject File, 1945-52
    • Prison Branch
      Subject File, 1945-52
  • Public Safety Division 公安課
    Decimal File, 1945-52
    General File, 1945-52
    SCAP-Ins, 1945-52
  • Military Intelligence Service Division 軍事諜報課
    • Allied Translator and Interpreter Section
      Press Translations and Summaries, 1945-50
「GHQ/SCAP文書」
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡