トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> GHQ/SCAP Records, Assistant Chief of Staff (G-3)

GHQ/SCAP Records, Assistant Chief of Staff (G-3)

GHQ/SCAP Records, Assistant Chief of Staff (G-3)

資料群名(日本語仮訳)  参謀第3部(略称:G-3)文書

資料形態  マイクロフィッシュ

数量  307枚

憲政資料室における分類名  GIII *下掲NDL-OPAC上では「G3」

歴史  1945年10月2日、東京にGHQ/SCAPが設置された際(一般命令第1号)、参謀長(Chief of Staff)および参謀部(General Staff Section)は、太平洋陸軍総司令部(GHQ/AFPAC、1947.1〜極東軍総司令部)とGHQ/SCAPの任務を兼任した。参謀第3部(G-3)は、占領軍の作戦行動に関する施策を担当した。海外からの日本人の大規模な引揚に係る施策も所管した。組織図(PDFファイル 81KB)参照。

受入  当館では、米国国立公文書館(NARA)でマイクロフィルムに撮影し、作製したマイクロフィッシュを1986年度に受け入れた。

主言語  英語

原資料の所在  米国国立公文書館(RG331) なお、G-3文書は、NARAではGHQ/SCAP文書(RG331)と極東軍文書(RG554)とに分けて所蔵されている。

検索手段

関連資料

  • Records of the Far East Command, Assistant Chief of Staff, G-3(RG554 Entry Nos. 44-65)(米国国立公文書館所蔵)

資料の構成

  • Administrative Division 総務課
    Subject File, 1945-50
    Reparation [Repatriation] File, 1945-50
    (NARAではReparation Fileと整理されているが、資料の内容は引揚(Repatriation)関係)
「GHQ/SCAP文書」
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡