トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> G-3 Operations Reports, Nos. 191 to 921, January 1, 1951 to December 31, 1952. from the Record of the United Nations Command (RG 333)

G-3 Operations Reports, Nos. 191 to 921, January 1, 1951 to December 31, 1952. from the Record of the United Nations Command (RG 333)

G-3 Operations Reports, Nos. 191 to 921, January 1, 1951 to December 31, 1952. from the Record of the United Nations Command (RG 333)

資料群名(日本語仮訳)

国連軍参謀第3部作戦報告書

資料形態

マイクロフィッシュ

数量

255枚

憲政資料室における分類名

TRUMAN

旧蔵機関名

G-3, United Nations Command

歴史

国連軍(United Nations Command)は、朝鮮戦争の勃発に対応した1950年7月7日の国連安全保障理事会の決議(Security Council Resolution 84)により、米国が設置する統合軍に各国が軍隊を派遣することが決定され、同月8日、トルーマン大統領はマッカーサーを統合軍の司令官に指名した。同月24日マッカーサー司令官の下に東京に国連軍(United Nations Command)が設置された。米国以外に16か国が戦闘部隊を提供した。

受入

当館では、1992年度にトルーマン大統領図書館でマイクロフィルムに撮影して収集した。

主な内容

国連軍の陸海空の各部隊の日々の軍事行動を日々まとめた報告。兵員数、死傷者数の統計も掲載され、部隊配置位置を示した地図も添付されている。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館(RG333)

検索手段
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡