トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Harrison-Bundy Files Relating to the Development of the Atomic Bomb, 1942-1946

Harrison-Bundy Files Relating to the Development of the Atomic Bomb, 1942-1946

Harrison-Bundy Files Relating to the Development of the Atomic Bomb, 1942-1946

資料群名(日本語仮訳)

原子爆弾開発に関するハリソン=バンディ・ファイル

資料形態

マイクロフィルム

数量

9巻

請求記号

HBA-1

旧蔵者名

George L. Harrison ; Harvey Hollister Bundy

旧蔵者生没年

Harrison 1867-1950 ; Bundy 1888-1963

旧蔵者履歴

ハリソンは、ニューヨーク連邦準備銀行総裁、1941ニューヨーク生命保険会社社長、1943~1947スティムソン陸軍長官特別補佐官、1945.5暫定委員会副委員長。

バンディは、1909弁護士、1931.7~1933.3国務次官補、財務長官法律特別顧問、1941.4~1945.9スティムソン陸軍長官特別補佐官。

ハリソンとバンディは、スティムソン陸軍長官、グローブス准将、マンハッタン計画の他の関係者間の連絡役をしていた。

受入

この文書は米国国立公文書館(NARA)がマイクロフィルム化して市販している(NARA Microfilm Publication Number:M1108)。当館では、1984年度に購入した。

主な内容

資料は全113ファイル。主に1942~1946年のもので、政府・軍・議会の関係者間の往復文書、報告書、覚書、通信、電信、1943年8月のケベック協定により設置された原子力研究の協力等に関する英米加の委員より成る連合政策委員会の議事録、原爆の軍事的使用の可否について審議した暫定委員会文書などからなる。

主言語

英語

原資料の所在

このファイルは、ハリソンとバンディの秘書官で、このファイルを維持してきたアーネソン大尉の名をとってアーネソン・ファイル(the Arneson Files)としても知られる。1945年9月の引退まではスティムソンが保有していたが、その後、グローブスによりマンハッタン工兵管区の文書に統合された。1958年にマンハッタン工兵管区文書とともに米国国立公文書館に移管された(RG77)。

検索手段
  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ※米国国立公文書館のサイトのマイクロフィルムのカタログに目録のPDF版が掲載されている(米国国立公文書館のサイトのトップページ外部サイトへのリンク から Research Our Records   >Search Online >Microfilm Catalogへ入り、Search & Browse NARA's Microfilm Catalogを「M1108」で検索)。
関連サイト
関連資料
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡