トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Minutes of Meetings of the Interdivisional Area Committee on the Far East 1943-1946

Minutes of Meetings of the Interdivisional Area Committee on the Far East 1943-1946

Minutes of Meetings of the Interdivisional Area Committee on the Far East 1943-1946

資料群名(日本語仮訳)

部局間極東地域委員会議事録

資料形態

マイクロフィルム

数量

1巻

請求記号

IAC-1

旧蔵機関名

Interdivisional Area Committee on the Far East, State Department

歴史

部局間極東地域委員会(Interdivisional Area Committee on the Far East, State Department)は、1943年9月、国務省内の関連各部課間の連絡と事務レベルの意見調整を図るための「国と地域委員会」(CAC)の一つとして設置された。政治調査部(Division of Political Studies)の調査や、戦後対外政策諮問委員会(Advisory Committee on Post-War Foreign Policy)の領土小委員会(Territorial Subcommittee)での検討をふまえ、国務省の極東における戦後処理に関する諸問題の具体的な政策勧告を立案した。議長のブレイクスリー(George H. Blakeslee)の他、ボートン(Hugh Borton)、ドーマン(Eugene H. Dooman)、ディックオーバー(E.R. Dickover)といった知日派と呼ばれる人たちが主要なメンバーであった。

受入

この文書は米国国立公文書館(NARA)がマイクロフィルム化して市販している(NARA Microfilm Publication Number:T1197)。当館では、1982年度に購入した。

主な内容

IACの第1回(1943年10月1日)から第256回(1946年3月25日)までの議事録・関連文書が日付順に整理されている。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館所蔵(RG 59)

関連資料

「米国国立公文書館(NARA)所蔵国務省文書について」

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡