トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> RG-9 Collection of Messages (Radiograms) 1945-1951

RG-9 Collection of Messages (Radiograms) 1945-1951

RG-9 Collection of Messages (Radiograms) 1945-1951

資料群名(日本語仮訳)

マッカーサー記念館所蔵 無線電報集

資料形態

マイクロフィルム

数量

196巻

請求記号

MMA-13

受入

当館では、1994年度にマッカーサー記念館から同館作成のマイクロフィルムを購入した。

主な内容

1945年7月から1951年3月にマッカーサーとその個人スタッフが、重要又は関心があるものと判断して取り置いた米太平洋陸軍・極東軍・国連軍・連合国最高司令官の各総司令部と隷下の各軍司令部、太平洋地域の陸軍航空隊・空軍各司令部、ワシントンの国務省、統合参謀本部、陸軍省等との間の無電、記録用覚書、書簡。各司令部の高級副官部のファイルには、すべての無線電報を収録した完全なファイルが残されているはずだが、そこには含まれていない若干の個人的な通信、多くの軍用通信、特別な経路で受け取った"wire note"通信を含む。1945年8月から9月にかけての日本政府・大本営との間の無電、1949年2月-11月の東京のジョゼフ・ドッジとワシントンのブアヒース(Tracy Voorhees)陸軍次官補(1949年8月から同次官)との間の通信も含む。

主言語

英語

原資料の所在

マッカーサー記念館(RG-9)

検索手段
  • マッカーサー記念館作成目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ※このマイクロフィルムは現在ではScholarly Resources社(Thomson Gale社)から市販されており、Thomson Gale社のサイトに目録のPDFファイル(260KB)外部サイトへのリンクが掲載されている。
利用上の注意

マイクロフィルムへの複写はマッカーサー記念館との取決めにより不可

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡