トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> RG-3 Records of Headquarters, Southwest Pacific Area (SWPA), 1942-1945

RG-3 Records of Headquarters, Southwest Pacific Area (SWPA), 1942-1945

RG-3 Records of Headquarters, Southwest Pacific Area (SWPA), 1942-1945

資料群名(日本語仮訳)

マッカーサー記念館所蔵 連合国南西太平洋地域司令部文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

171巻

請求記号

MMA-16

旧蔵機関名

Commander-in-Chief, Southwest Pacific Area (CICSWPA)

歴史

南西太平洋地域は、太平洋戦域を米国の戦略的責任地域に指定する1942年3月24日の米英の合同幕僚長会議の決定を受けて、米国統合参謀本部が、同年3月30日付けの指令で太平洋戦域をパラオ、マリアナ諸島、マーシャル諸島等を含む太平洋地域(Pacific Ocean Areas, POA)、フィリピン、ボルネオ、セレベス、ジャワ、ニューギニア、ソロモン西部、オーストラリアを含む南西太平洋地域(Southwest Pacific Area, SWPA)、西経110度以東の南東太平洋地域(South East Pacific Area, SEPA)に三分割したことにより、設定された。主に米軍とオーストラリア軍により編制された連合国軍で、かつ、陸・海・空軍の部隊により編制された統合軍であった。

同年4月18日にマッカーサーが連合国南西太平洋地域総司令部(GHQ/SWPA)最高司令官(Supreme Commander)に任命された。ただし、マッカーサーは Supreme Commander の名称を使わず、Commander-in-Chief (司令官)を使用した。

1945年4月3日、新設の太平洋陸軍総司令部(US Army Forces, Pacific)によって取って代わられた(廃止は1945年9月2日)。

受入

当館では、1994年度にマッカーサー記念館から同館作成のマイクロフィルムを購入した。

主な内容

1942-1945年にマッカーサーの個人スタッフが集めた連合国南西太平洋地域総司令部の文書。

主言語

英語

原資料の所在

マッカーサー記念館(RG-3)

検索手段
  • マッカーサー記念館作成目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ※このマイクロフィルムは現在ではScholarly Resources社(Thomson Gale社)から市販されており、Thomson Gale社のサイトに目録のPDFファイル(96KB)外部サイトへのリンクが掲載されている。
関連資料
利用上の注意

マイクロフィルムへの複写はマッカーサー記念館との取決めにより不可

資料の構成
シリーズI 通信
公信、司令官通信、ほか
シリーズII 諜報、通信及び文書
Monthly Summary of Enemy Disposition(敵の配置報告)、Daily Summary(諜報日報) 、Situation Reports 、Terrain Studies(兵用地誌)、連合国翻訳通訳部(ATIS)配付資料
シリーズIII 作戦行動及び計画
Staff Study Operation、Daily Operations Reports、Monthly Summary of Operations、ほか
シリーズIV 雑文書
プレスリリース、ほか
シリーズV 歴史文書索引カード
 
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡