トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> RG-2 Records of Headquarters U.S. Army Forces in Far East (USAFFE), 1941-1942

RG-2 Records of Headquarters U.S. Army Forces in Far East (USAFFE), 1941-1942

RG-2 Records of Headquarters U.S. Army Forces in Far East (USAFFE), 1941-1942

資料群名(日本語仮訳)

マッカーサー記念館所蔵 米極東陸軍司令部文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

18巻

請求記号

MMA-2

旧蔵機関名

Commander General, U.S. Army Forces in Far East (CG, USAFFE)

歴史

米極東陸軍(United States Army Forces in the Far East, USAFFE)は、太平洋戦争前の1941年7月26日にマニラに設置され、現役に復帰したマッカーサーがその司令官に任命された。1942年3月日本軍のフィリピン進攻によりマッカーサーはオーストラリアに脱出し、1942年4月18日連合国南西太平洋地域司令官に任命された。それ以降、USAFFEは活動停止状態になった。その後、1943年2月26日にマッカーサーは、USAFFEを南西太平洋地域(軍)隷下に復活させ、南西太平洋地域の米陸軍のすべての部隊と米軍に編入されていたフィリピン陸軍のすべての隊をこれに編制換えした。1945年6月10日同司令部は米太平洋陸軍総司令部付属とされ、同軍隷下の部隊は米太平洋陸軍に編制換えされた。

受入

当館では、1994年度にマッカーサー記念館から同館作成のマイクロフィルムを購入した。

主な内容

潜水艦でフィリピンからオーストラリアに運ばれ、同地でマッカーサー個人文書として保管された1941-1942年の米極東陸軍司令部関係の文書。マッカーサー公信(発信・受信)、司令官日誌、G-2 Journal(G-2通信発受信簿)、G-3 Journal(G-3通信発受信簿)、ほか。

主言語

英語

原資料の所在

マッカーサー記念館(RG-2)

検索手段
  • マッカーサー記念館作成目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ※このマイクロフィルムは現在ではScholarly Resources社(Thomson Gale社)から市販されており、Thomson Gale社のサイトに目録のPDFファイル(35KB)外部サイトへのリンクが掲載されている。
利用上の注意

マイクロフィルムへの複写はマッカーサー記念館との取決めにより不可

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡