トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> RG-44a Papers of Brigadier General Bonner F. Fellers

RG-44a Papers of Brigadier General Bonner F. Fellers

RG-44a Papers of Brigadier General Bonner F. Fellers

資料群名(日本語仮訳)

マッカーサー記念館所蔵 ボナ・フェラーズ文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

5巻

請求記号

MMA-23

旧蔵者名

Bonner F. Fellers

旧蔵者生没年

1896-1973

旧蔵者履歴

1918陸軍士官学校卒、1935司令・参謀学校卒、1936.2フィリピン軍管区司令部附兼フィリピン軍事顧問参謀(マッカーサーとケソンとの間の連絡係)、1938.4陸軍大学、在アフリカ英国軍軍事監視員、1940.10エジプト米陸軍武官、1942.7陸軍省陸軍諜報局、戦略諜報局(OSS)、1943南西太平洋地域総司令部参謀第5部長、1944.11南西太平洋地域司令官(マッカーサー)軍事秘書官、1945.6米太平洋陸軍司令官(マッカーサー)軍事秘書官、1946.1~8対日理事会事務局長、1946.11退役、1947~1952共和党全国委員会会長補佐、1959~1969市民外国支援委員会委員長。

受入

当館では、2006年度にマッカーサー記念館が作成したマイクロフィルムを購入した。

主な内容

ケソン、マッカーサー、ウィロビー、ハーバート・フーバー(元大統領)、加瀬俊一、笠井重治、河井道、寺崎英成、松平康昌などの書簡、天皇・マッカーサー第1回会談についてのフェラーズのメモ、マッカーサーのための覚書、軍事秘書官室日誌(1945.5.23~10.23)[手書き]、対日心理戦関係の文書、Bishopによる1945年11月7日の近衛文麿と11月9日の迫水久常の訊問記録、など。

主言語

英語

原資料の所在

マッカーサー記念館所蔵の文書は、1996年マッカーサー記念館が、フェラーズの娘が所蔵していた文書のうちから選択して複写したもの(RG-44a)。
※原文書はフェラーズの娘の死後、その遺族によりスタンフォード大学フーバー研究所文書館に寄贈された。その移送の過程で多くの文書が紛失したという。

検索手段
  • マッカーサー記念館作成の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
  • カリフォルニア州の文書館の総合目録である Online Archive of California に現在、スタンフォード大学フーバー研究所文書館所蔵のフェラーズ文書の目録 Register of the Bonner Frank Fellers Papers, 1904-1997 外部サイトへのリンクが掲載されている。
関連資料
  • Herbert Hoover Presidential Library-Museum Oral History Transripts 外部サイトへのリンク
    ※ハーバート・フーバー大統領図書館が行ったフェラーズのオーラルヒストリーの原稿が含まれている。
  • D. Clayton James Collection (マッカーサー記念館所蔵 RG-49)
    ※James Clayton がマッカーサーの評伝(“The years of MacArthur”)執筆のために行ったフェラーズへのインタビューのテープを含む。
利用上の注意

マイクロフィルムへの複写はマッカーサー記念館との取決めにより不可

資料の構成
Series I Correspondence
書簡。Fellers, B. F.には、フェラーズの履歴書類、マッカーサーとケソンの1944.8.4の会談記録、など書簡以外の文書を含む。
Series II Topics
事項ファイル。以下のサブシリーズを含む。
  • Subseries 1: Pre WWⅡ Philippines 第二次世界大戦前 フィリピン
  • Subseries 2: World War Ⅱ 第二次世界大戦
  • Subseries 3: World War Ⅱ (Japan) 第二次世界大戦(日本)
  • Subseries 4: Allied Occupation of Japan 連合国の日本占領
  • Subseries 5: Post 1946 1946年以後
Series III Writings of BGEN Bonner F. Fellers
フェラーズ著作。具体的には以下のタイトルのものが収録されている。
  • "Air Power as a Weapon"
  • "Corregidor Miniature Range for Fixed Artillery"
  • "Earlham, 1916"
  • "Emancipation of Japan"
  • "The English Course at West Point"
  • "The Entry of the Soviet Union in the War Against Japan"
  • "Hoover"
  • "Intelligence Observations in China and Japan, 18 May 1922"
  • "The Island Fortress of Corregidor"
  • "Japan, Friend or Enemy"
  • "Japanese Background"
  • "Japan's Decision to Surrender"
  • "Leave to Japan, Korea, and China, 24 July 1930"
  • Miscellaneous
  • "Our Business Outlook in Japan"
  • "Our New Friends the Japanese"
  • "Peace from the Palace"
  • "Philippines"
  • "The Problem of Japan"
  • "Sino-Japanese War"
  • "The Story of Japan's Surrender"
  • "The Truth About Hoover, MacArthur, and the Bonus Army"
Series IV Book Reviews
書評。
Series V Magazine Articles
雑誌記事。
Series VI Newspaper Articles
新聞記事。
Series VII Photographs
写真。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡