トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> RG-10 General Douglas MacArthur's Private Correspondence

RG-10 General Douglas MacArthur's Private Correspondence

RG-10 General Douglas MacArthur's Private Correspondence

資料群名(日本語仮訳)

マッカーサー記念館所蔵 マッカーサー私信 1934-1964

資料形態

マイクロフィルム

数量

190巻

請求記号

MMA-4,MMA-14

旧蔵者名

Douglas MacArthur

旧蔵者生没年

1880-1964

旧蔵者履歴

1903.6陸軍士官学校主席卒業、1905.10日露戦争観察のため在日米国大使館附武官となった父アーサーの副官となるため来日、1930.11陸軍参謀総長、1935.10フィリピン政府軍顧問、1937.8フィリピン軍元帥、1937.12米陸軍を退役、1941.7現役復帰し米極東軍司令官(Commander in Chief, United States Armed Forces Far East, CINCUSAFFE)、1942.2日本軍のフィリピン進攻により、ルーズベルト大統領の命令でフィリピンを離れオーストラリアへ移転、1942.4~1945.9南西太平洋連合国司令官 、1944.12元帥、1945.4米太平洋陸軍司令官(Commander in Chief, U.S. Army Forces, Pacific, CINCUSAFPAC)、1945.8連合国最高司令官(Supreme Commander for the Allied Powers, SCAP)、1947.1極東軍司令官(Commander in Chief, Far East Command, CINCFE)、1951.7国連軍司令官(Commander in Chief, United Nations Command, CINCUNC)、1951.4トルーマン大統領により解任される、帰国、1964.4死去。

受入

当館では、1994年度にマッカーサー記念館から同館作成のマイクロフィルムを購入した。

主言語

英語

原資料の所在

マッカーサー記念館(RG-10)

検索手段
  • マッカーサー記念館作成目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ※このマイクロフィルムは現在ではScholarly Resources社(Thomson Gale社)から市販されており、Thomson Gale社のサイトに目録のPDFファイル(71KB)外部サイトへのリンクが掲載されている。なお、この目録にはマッカーサーの自伝 Reminiscences の原稿(Reel No. 350)が掲載されているが、当館所蔵のマイクロフィルムでは、コートニー・ホイットニー文書(MMA-15)中にあるので注意が必要。
関連文献
利用上の注意

マイクロフィルムへの複写はマッカーサー記念館との取決めにより不可

資料の構成
Series A 私信(MMA-4)
私信一般(年月日順に収録)、一般の日本人・韓国人等からの手紙(1945-1950)、アマチュア・スポーツ連合と全国大学スポーツ連盟との間の紛議関係、帰国後の全米各地からの招待状、マッカーサーを顕彰する曲・詩、1945-1950年の財務関係書類
Series B 私信(VIP Files)(MMA-14)
著名人との間の通信。大半は公信で、SCAP文書(RG-5)やSWPA文書(RG-3)の中から抜き出したもの。発信者順にアルファベット順に整理されている。日本人では、昭和天皇、幣原喜重郎、片山哲、芦田均、吉田茂、田島道治、三木武夫、三淵忠彦、松岡駒吉、高柳賢三。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡