トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> GHQ/SCAP Records, Office of Comptroller (OOC)

GHQ/SCAP Records, Office of Comptroller (OOC)

GHQ/SCAP Records, Office of Comptroller

資料群名(日本語仮訳)  会計検査局文書

資料形態  マイクロフィッシュ

数量  6,520枚

憲政資料室における分類名  OOC

歴史  会計検査局は、参謀長室の一部局として1949年5月14日に設置され(一般命令第7号)、前日に廃止された一般会計局(General Accounting Section)の業務を引き継いだ。
  会計検査局は、財務・予算・監査業務、企業経営技法の導入、費用報告・分析で使用する指針・手法の開発について最高司令官に助言し、補佐するをすることを任務とした。1949年10月には参謀第4部(G-4)から占領のための日本人労務者・需品・役務の調達の監督や日本側負担金(終戦処理費)を含む占領予算の作成に係る任務が移管された(一般命令第17号)。

受入  当館では、米国国立公文書館(NARA)でマイクロフィルムに撮影し、作製したマイクロフィッシュを1991〜1993年度及び1996年度に受け入れた。

主言語  英語

原資料の所在  米国国立公文書館(RG331) なお、会計検査局文書は、NARAではGHQ/SCAP文書(RG331)と極東軍文書(RG554)とに分けて所蔵されている。

検索手段

関連資料

  • 最高機密ファイル(憲政資料室所蔵 TS)
  • Records of the Far East Command, Office of the Chief of Staff, Office of Comptroller(RG554 Entry Nos. 7-10)(米国国立公文書館所蔵)

資料の構成

  • Administrative Group 総務班
    Decimal File 1945-48
    Subject File 1945-48
  • Budget and Fiscal Division 予算会計課
    Correspondence File 1945-52
    • Budget Branch
      Correspondence File 1945-52
    • Fiscal Branch
      Correspondence File 1950-51
  • Finance Division 財務課
    Audit File 1945-51
    • Special Accounts Branch
      Correspondence File 1945-52
      Subject-Numeric File 1945-52
      Subject File 1947-51
      Directives 1945-52
      Subject File 1945-52
      Decimal File 1945-52
      SCAP-Ins 1945-52
  • Management Division 管理課
    • Special Accounting Branch
      Correspondence File 1945-50
    • Special Accounts Branch
      Chronological File 1947-49
      Japanese Labor Reports 1945-52
      Topical File 1945-52
      Statistical Branch
      General File 1949-52
  • Audit Division 監査課
    Correspondence File 1945-52
    Indigenous Branch
    Correspondence File 1945-52
「GHQ/SCAP文書」
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡