トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Henry Lewis Stimson Papers

Henry Lewis Stimson Papers

Henry Lewis Stimson Papers

資料群名(日本語仮訳)

ヘンリー・スティムソン文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

169巻

請求記号

PHS

旧蔵者名

Henry Lewis Stimson

旧蔵者生没年

1867-1950

旧蔵者履歴

1888イェール大学卒、1890ハーバード・ロー・スクール卒、1891.6ニューヨーク ウォールストリートの法律事務所に入る、1906.1ニューヨーク南部地区連邦検事長、1911.5~1913.3陸軍長官、1927~1929.2フィリピン総督、1929.3~1933.3国務長官、1930ロンドン海軍軍縮会議米国代表、1932.1.7日中間の武力による領土変更を認めないというスティムソン・ドクトリンを発表、1933弁護士業を再開、1940.7~1945.9陸軍長官、日系人の西海岸地域からの強制退去、原子爆弾開発計画・使用の決定に関与、原爆の京都への投下に反対、1945.9引退。

満洲事変から日本の国際連盟脱退までの極東情勢への対応についての回顧録である“The Far Eastern Crisis: Recollections and Observation” (1936)、ハービー・バンディの息子のマクジョージ・バンディ(McGeorge H. Bundy)がスティムソンと共同で執筆したスティムソンの伝記として、“On active service in peace and war” (1948)がある。本書にはスティムソンの日記・文書が各所で引用されている。原爆投下に対するアメリカ世論の批判を沈静化するために原爆投下決定に至るまでのことを書いたスティムソンの手記として、“The Decision to Use the Atomic Bomb”(Harper’s Magazine, Feb. 1947: 97-107)がある。

受入

この文書はScholarly Resources社がマイクロフィルム化して市販している。当館では、1997年度に購入した。

主な内容

スティムソンの青年時代から晩年までの書簡、国務長官時代、陸軍長官時代の文書などを収める。

主言語

英語

原資料の所在

イェール大学図書館マニュスクリプト及び文書館(Manuscripts and Archives, Yale University Library)

検索手段
  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
  • Guide to the Henry Lewis Stimson Papers (PDF file)外部サイトへのリンク
    ※エール大学作成のfinding aid。エール大学が所蔵する“Henry Lewis Stimson Papers”全体に対するfinding aidであり、本マイクロフィルムに収録されているのはそのうちSeries ⅠからSeries Ⅸの部分のみである。
関連文献
資料の構成
Series Ⅰ: General Correspondence (Reels 1 - 125)
1891年から1913年にかけての発信書簡控と1884年から1950年までの受信書簡。
Series Ⅱ: Memoranda, Minutes of Meetings, Notes on Conversations and Interviews, and Miscellaneous Papers (Reels 126- 128)
1929年から1933年にかけて及び1940年から1950年にかけての閣議関係メモ、会議議事録、会談・会見記録、雑文書。国体護持をポツダム宣言受諾の条件とする日本政府の声明への回答について話し合った1945.8.10のトルーマン大統領との会見記録、など。本来Series Ⅲに含まれるはずの“The Far Eastern Crisis: Recollections and Observation” の執筆に使用された資料もここに収められている。
Series Ⅲ: Speeches, Writings, and other Public Statements (Reels 129 - 136)
講演・演説、著作、その他の公表資料。
Series Ⅳ: Special Subjects (Reels 137 - 146)
主題ごとに分けられた文書類。
Series Ⅴ: Family Correspondence and Other Family Papers (Reels 147 - 159)
ヘンリー・スティムソン本人以外の家族間でやり取りされた書簡も含む家族間の書簡類。ただし、ヘンリー・スティムソンの公的な役職に関する書簡はSeries Ⅰに収められている。
Series Ⅵ: Selected Documents of the State Department (Reels 160 - 166)
1929年から1933年にかけての米国務省の書類。ほとんどは米国国立公文書館所蔵国務省文書のカーボン・コピー。
その他 (Reels 167 - 169)
マイクロフィルム刊行時には、上記のシリーズに当てはまらないものとして末尾に収録された資料。上掲「検索手段」で紹介した現在の“Guide to the Henry Lewis Stimson Papers”における整理では、Series Ⅶ. Trips to Europe、Series Ⅷ. Correspondence, Speeches, and Writings of Others 及びSeries Ⅸ. The Office of the Secretary of War Under H.L. Stimson に相当する。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡