トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> State Department Documents of the Post-War Programs Committee, 1944

State Department Documents of the Post-War Programs Committee, 1944

State Department Documents of the Post-War Programs Committee, 1944

資料群名(日本語仮訳)  戦後計画委員会国務省文書

資料形態  マイクロフィルム

数量  4巻

請求記号  PWC-1

歴史  国務省戦後計画委員会(Post-War Programs Committee, State Department:PWC)は、1944年1月、戦後計画の具体的な政策立案のために設置された。国務長官(Secretary of State)、次官(Under Secretary)、次官補(Assistant Secretaries)、局長級のスタッフ等、国務省のトップレベルで構成され、CAC(部局間「国と地域委員会」)文書に更に実務的政治的見地からの検討を加えた。日本関係では、後の対天皇制政策の基礎となった「日本—政治問題—天皇制」(PWC-116=CAC-93)や、教育政策について研究した「軍政下における教育制度」(PWC-287=CAC-238)など、戦後の占領政策の基礎となる政策案が作成された。ここで承認されると正式な国務省案とされ、後の国務・陸軍・海軍三省調整委員会(SWNCC)での政策決定の基礎となった。

受入  この文書は米国国立公文書館(NARA)がマイクロフィルム化して市販している(NARA Microfilm Publication Number:T1222)。当館では、1982年度に購入した。

主な内容  PWCに提出され、検討された文書で、PWC-1からPWC-322まで番号が付与されている。多くのPWC文書には、同時にCAC番号等の下位委員会の文書番号がついている。

主言語  英語

原資料の所在  米国国立公文書館(RG59)

検索手段  

  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
  • 米国国立公文書館のサイトのマイクロフィルムのカタログ に目録のPDF版が掲載されている(米国国立公文書館のサイトのトップページ 外部サイトへのリンクから Research Our Records   >Search Online >Microfilm Catalogへ入り、Search & Browse NARA's Microfilm CatalogをT1222で検索)。

関連資料

 

「米国国立公文書館(NARA)所蔵国務省文書について」
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡