トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> White House Office, Office of the Special Assistant for National Security Affairs (Robert Cutler, Dillon Anderson, and Gordon Gray): Records

White House Office, Office of the Special Assistant for National Security Affairs (Robert Cutler, Dillon Anderson, and Gordon Gray): Records

White House Office, Office of the Special Assistant for National Security Affairs (Robert Cutler, Dillon Anderson, and Gordon Gray): Records

資料群名(日本語仮訳)

アイゼンハワー大統領図書館所蔵 ホワイトハウス国家安全保障担当特別補佐官室文書

資料形態

マイクロフィッシュ

数量

261枚

憲政資料室における分類名

EISENHOWER

旧蔵機関名

White House

歴史

アイゼンハワー政権時代の国家安全保障担当特別補佐官は、カトラー(Robert Cutler)(1953-1955、1957-1958)、アンダーソン(1955-1956)、ジャクソン(William H. Jackson)(1956)、グレイ(Gordon Gray)(1958-1961)の4人。

実施調整理事会(Operations Coordinating Board, OCB)は、国家安全保障会議が提案した国家安全保障政策実施について関係省庁間の調整等を行うためにアイゼンハワー大統領により設置された機関(1953年9月2日大統領行政命令第10483号)。メンバーは、国務次官(議長)、国防次官、対外活動庁長官、中央情報長官(DCI)、大統領代理。国家安全保障担当の大統領特別補佐官は会議に出席することができた。1961年2月18日廃止。

受入

当館では、1992年度にアイゼンハワー大統領図書館で一部をマイクロフィルムに撮影し収集した。

主言語

英語

原資料の所在

アイゼンハワー大統領図書館

検索手段
  • アイゼンハワー大統領図書館作成の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ※同図書館のサイトにPDF版のFinding Aidsが掲載されている。
関連資料
資料の構成

文書の一部を収集。当館収集分は以下のとおり。

(1) NSC Series, Subject Subseries 11ボックス
国家安全保障会議シリーズ事項サブシリーズ。
(2) OCB Series, Subject Subseries 8ボックス
実施調整理事会シリーズ事項サブシリーズ。日本(及び琉球)ファイル[日本に関する報告(1960年5月4日)、日本でのインフルエンザ流行(1957年11月)、琉球法の法典化(1957年10月)、1957年6月琉球統治に関する大統領行政命令、ほか]。
(3) Special Assistant Series, Subject Subseries 11ボックス
国家安全保障担当特別補佐官シリーズ事項サブファイル。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡