トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> General Headquarters, Southwest Pacific Area (GHQ/SWPA), 1941-1945 : Chronological Index and Summary of Communications

General Headquarters, Southwest Pacific Area (GHQ/SWPA), 1941-1945 : Chronological Index and Summary of Communications

General Headquarters, Southwest Pacific Area (GHQ/SWPA), 1941-1945 : Chronological Index and Summary of Communications

資料群名(日本語仮訳)

連合国南西太平洋地域総司令部通信索引

資料形態

マイクロフィルム

数量

12巻

請求記号

SWPA

旧蔵機関名

General Headquarters, Southwest Pacific Area (GHQ/SWPA)

歴史

南西太平洋地域は、南西太平洋地域を米国の戦略的責任地域に指定する1942年3月24日の米英の合同幕僚長会議の決定を受けて、統合参謀本部が、同年3月30日付けの指令でアラスカ(アリューシャン列島)とカナダを除く太平洋戦域をパラオ、マリアナ諸島、マーシャル諸島等を含む太平洋地域(Pacific Ocean Areas, POA)、フィリピン、ボルネオ、セレベス、ジャワ、ニューギニア、ソロモン西部、オーストラリアを含む南西太平洋地域(Southwest Pacific Area, SWPA)、西経110度以東の南東太平洋地域(Southeast Pacific Area, SEPA)に三分割したことにより設定された。主に米軍とオーストラリア軍により編制された連合国軍で、かつ、陸・海・空軍の部隊により編制された統合軍であった。

同年4月18日にマッカーサーが連合国南西太平洋地域最高司令官に任命された。ただし、マッカーサーはSupreme Commanderの名称を使わず、Commander-in-Chief(司令官)を使用した。1945年4月3日に設置された米太平洋陸軍によりとって代わられた(廃止は1945年9月2日)。

受入

この文書はUniversity Publications of America社がマイクロフィルム化して市販している。当館では1997年度に購入した。

主な内容

連合国南西太平洋地域総司令部で作成した1941年7月27日から1945年9月2日までの通信8168件のカード式索引(日付順にナンバリングのスタンプが押されている)。件名、発信機関、受信機関、日付、保管先ファイル、摘要、などが記されている。同総司令部設置前については、駐オーストラリア米陸軍の軍人・機関関係の通信の索引となっている。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館(RG496)。当館が収集した当時はRG338にあった。

検索手段
  • マイクロフィルムの各リールの収録通信の日付の範囲を示すリスト(憲政資料室内備付)
関連資料
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡