トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Entry 48: Air Objective Folders, 1942-1944

Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Entry 48: Air Objective Folders, 1942-1944

Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Entry 48: Air Objective Folders, 1942-1944

資料群名(日本語仮訳)

米国戦略爆撃調査団文書:空襲目標情報(空襲標的フォルダー)

資料形態

デジタル画像(国立国会図書館デジタルコレクション

数量

42アイテム(収集時のマイクロフィルムは2巻分)

請求記号

USB-11

主な内容

航空参謀本部情報部(AC/AS:Office of the Assistant Chief of Air Staff, Intelligence)により1944年中に作成された「空襲標的フォルダー(Air Objective Folder)」が主要な資料である。英米合同の情報収集機関である合同攻撃目標グループ(Joint Target Group, JTG)による地域区分ごとに作成されている。内容は、攻撃目標地域の資源の簡単な要約と評価、主要攻撃目標、気候条件等の詳細な分析等で、地図・写真も多数含まれる。

資料の構成

戦略爆撃調査団団長室作成の索引で、“Section 7. Japanese Target Intelligence”中の“1-d. Air Objective Folders (listed by target area), Office of Assistant Chief of Air Staff Inteligence, formerly Intelligence Services, United States Army Air Forces, Washington, D. C.”とされている資料。詳細は以下の通り。以下のリンクをクリックすると「国立国会図書館デジタルコレクション」で資料の画像を閲覧できる。なお、地名の前についている番号は地域番号である。

1-d. Air Objective Folders (listed by target area), Office of Assistant Chief of Air Staff Inteligence, formerly Intelligence Services, United States Army Air Forces, Washington, D. C.

「米国戦略爆撃調査団文書(当館収集分)」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡