トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Entry 5: Index

Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Entry 5: Index

Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Entry 5: Index

資料群名(日本語仮訳)

米国戦略爆撃調査団文書:索引

資料形態

マイクロフィルム/複写物

数量

1巻/1冊

請求記号

USB-18

受入

当館では1998年度に米国国立公文書館(NARA)でこの文書(冊子)のうちのList of Reportsと当館で所蔵する日本関係の文書の章(第2, 6-8章)をマイクロフィルムに撮影して収集した。また、それとは別にこの冊子全部(317頁)の紙の複写も入手した。

主な内容

USSBSが作成し、刊行した報告書とその原稿、また、報告書作成に利用とした資料、その他刊行物、部内に配付した資料の目録。文書が米国国立公文書館に移管されたときに、団長室(Office of the Chairman)のスタッフによって1947年作成された。Indexというタイトルであるが、種別ごとの文書の件名を掲載した目録(Catalog)であり、アルファベット順索引、事項索引といった Index は付されていない。

当館所蔵のNARA所蔵USSBS文書のうち、Entry60(USB-9)およびNo Entryの資料(USB-16)は、この目録に採録されていない。

資料の構成

Indexの構成は以下のとおり。当館でテキスト化しPDFを作成した分についてはそのファイルへのリンクも付した。テキスト化にあたっての凡例は本項末尾を参照。

<Index テキスト化にあたっての凡例>
  • 原則としてIndex原文をそのまま再現した。ただし、日本の地名、人名等のローマ字表記の誤りは、正しい地名、人名等が同定された限りにおいて訂正した。
  • Index原文にはないが、当該資料が当館所蔵のマイクロフィルムのどのリールに収められているかの情報を付け加えた。
  • ローマ字表記から日本語の単語がわかりにくい語については、日本語の単語を[ ]付きで補記した。Section 8 の"2. Interrogations"については、各種名簿、社史等で人物が特定された場合には、氏名及び履歴又は肩書きを[ ]付きで補った。
  • 撮影されたマイクロフィルムは、特にSection 2について、必ずしもこのIndexの掲載順に撮影されていない。また、Indexとマイクロフィルムの内容が合致していない箇所がある。
  • Index原文では、日本語資料である場合、*が付されているが、*が付されていない場合でも、日本語資料が含まれている場合がある。

「米国戦略爆撃調査団文書(当館収集分)」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡