トップ憲政資料室の所蔵資料日系移民関係資料> Barnhart Papers

Barnhart Papers

Barnhart Papers

資料群名(日本語仮訳)   バーンハート文書

資料形態  マイクロフィルム

数量  7巻

憲政資料室における分類名  VE611-7

旧蔵者名  Edward Norton Barnhart

旧蔵者の履歴  カリフォルニア大学バークレー校の修辞学の教授。同校の日系アメリカ人の戦時強制退去・収容コレクションの目録作成者でもある。共著に Prejudice, war, and the Constitution(当館請求記号:940.547273-T455j, v.3) がある。

受入  当館では、2006年度にカリフォルニア大学ロサンゼルス校図書館特別コレクション部にマイクロフィルムへの撮影を依頼して収集した。

主な内容  カリフォルニア大学バークレー校の日系アメリカ人の戦時強制退去・収容コレクションの研究に関係する資料。米国で抑留されたペルーの日系人の資料も含む。
なお、この文書は、「日系アメリカ人研究プロジェクト 米国における日本人に関する資料コレクション」中のバーンハート文書で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校図書館特別コレクション部ではこれとは別のバーンハート文書(下掲)も所蔵する。

主言語  英語、日本語

原資料の所在  カリフォルニア大学ロサンゼルス校図書館特別コレクション部(日系アメリカ人研究プロジェクト 米国における日本人に関する資料コレクション Collection number: 2010)

検索手段  目録はOnline Archive of California外部サイトへのリンクに掲載されている。

関連資料  Edward Norton Barnhart Papers(カリフォルニア大学ロサンゼルス校図書館特別コレクション部)
Prejudice, war, and the Constitution執筆のための資料。目録がOnline Archive of California外部サイトへのリンクに掲載されている。

資料の構成  以下のとおり。
Reel 1
Box 46 履歴資料・強制収容所書簡

Reel 2
Box 47 日系アメリカ人関係の報告書、研究論文、その他カリフォルニア大学における日系アメリカ人の転住・収容の研究に関する資料のコピー

Reel 3
Box 48 戦時文書
日系アメリカ人市民連盟機関紙 Pacific Citizen誌の編集長であったラリー・タジリ(Larry Tajiri)の書簡、戦時転住局(WRA)関係文書

Reel 4
Box 49 集合センター及び転住キャンプ関係の刊行物その他の資料

Reel 5-6
Boxes 50-51 アメリカ市民自由連合の弁護士で第2次世界大戦中に米国に抑留されたぺルーの日本人の弁護人をつとめたコリンズ(Wayne M. Collins)の事務所ファイルのコピー

Reel 7
Box 52 日系ペルー人被抑留者記録 1946-1955
米国移民局による国外追放のための審問記録

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡