トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Extracts from five-year diary of Elizabeth Vining Transcripts

Extracts from five-year diary of Elizabeth Vining Transcripts

Extracts from five-year diary of Elizabeth Vining Transcripts

資料群名(日本語仮訳)

エリザベス・ヴァイニング日記抄

資料形態

電子式複写物(A4用紙)

数量

37枚

請求記号

AQ-14

旧蔵者名

Elizabeth Gray Vining

旧蔵者生没年

1902-1999

旧蔵者履歴

1923ブリン・モア女子大学卒、1929.1モーガン・ヴァイニングと結婚、1933.10自動車事故で夫を亡くす、1946.8アメリカ教育使節団団長ストダードから皇太子の家庭教師任命の知らせを受ける、1946.10月来日し皇太子の家庭教師となる、1950.12離日。

受入

1985年にエリザベス・ヴァイニング氏本人から当館に寄贈された。

主言語

英語

原資料の所在

ハバフォード大学図書館マジル図書館クェーカー文庫(Quaker & Special Collections, Magil Library, Haverford College Libraries)。ほかに複写がマッカーサー記念館にもある。

関連資料
関連文献
  • Windows for the Crown Prince 外部サイトへのリンク 1952 【GK137-A2】
    ※皇太子家庭教師時代の回想記。同本外部サイトへのリンク 【952.033-V785w】あり。
  • 皇太子の窓 外部サイトへのリンク 小泉一郎訳、文芸春秋新社、1953 【288.4-cV78k-K】
    ※上掲回想記の日本語訳。国立国会図書館デジタルコレクション(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)で利用可。1989年刊行の新装版 外部サイトへのリンク 【GK137-E26】もある。
  • Quiet pilgrimage 外部サイトへのリンク Lippincott, [1970] 【KS234-5】
    ※ヴァイニングの自伝
  • 天皇とわたし 外部サイトへのリンク 秦剛平、秦和子訳 山本書店 1989 【GK513-E2】
    ※上掲ヴァイニングの自伝の抄訳
  • エリザベス・グレイ・バイニング ; 土持ゲーリー法一訳「〈回顧録〉バイニング夫人の回想録『静かなる巡礼』(Quiet Pilgrimage)--新『皇太子の窓』」(戦後教育史研究 外部サイトへのリンク 6号 1989.4 pp. p69-85 【Z7-1851】)
    ※国立国会図書館デジタルコレクション(館内限定公開)で利用可。上掲ヴァイニングの自伝の抄訳(「任命」と「教授」の2章)。
  • 「明仁親王 マッカーサーとの秘密会見記 ヴァイニング夫人の日記より」(文藝春秋 外部サイトへのリンク 67(4)特別号「大いなる昭和」 1989.3 pp. 614-617 【Z23-10】)
    ※国立国会図書館デジタルコレクション(館内限定公開)で利用可。
利用上の注意

複写不可、その他利用条件あり

資料の構成

末尾の[ ]内は資料を製本した冊子のページ番号

  • 1. ヴァイニングがマッカーサーと面会した日等の日記の抜粋(1947.5.3~1950.11.30, 1959.4) [pp. 1-2]
  • 2. Violet Gordon Gray(エリザベス・ヴァイニングの妹)宛書簡の写し4通 [pp. 3-12]
  • 3. 1947.9.15~11.27に米国へ一時帰国した際の記録 [p. 13]
  • 4. 日記の抜粋(1949.4.18~1950.9.23、1959.12.4) [pp. 14-37]
    ※マッカーサーとの面会及びそれに関連する記録。マッカーサーとの会見記録は、会見後、帰宅してすぐに、記憶が鮮明なうちに書き留められたもの。皇太子とマッカーサーの面会の際の会話の逐語的記録及び面会のための小泉信三、田島道治、野村行一らとの準備についての記録も含まれる。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡