トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> O.S.S./State Department Intelligence and Research Reports

O.S.S./State Department Intelligence and Research Reports

O.S.S./State Department Intelligence and Research Reports

資料群名(日本語仮訳)

戦略諜報局情報研究報告

資料形態

マイクロフィルム

数量

78巻

請求記号

Part 1~7:YE-24、Part 8:YF-A55

旧蔵機関名

Research and Analysis Branch, Office of Strategic Services

歴史

1941年7月ルーズベルト大統領は、諜報活動が国務、陸軍、海軍各省でそれぞれ別個に調整なく重複して行われた現状を改めるため、情報調整官(Coordinator Information, COI)をホワイトハウスに付設し、民間人(弁護士)のドノヴァン(William Joseph Donovan)を任命した。情報調整局(Office of the Coordinator of Information, OCOI)の職務は、安全保障にかかわるあらゆる情報を収集・分析し、大統領や大統領の指定する政府機関・職員に提供することであった。ドノヴァンは、図書館や政府機関等にある公開資料を専門家が詳細に分析すれば、枢軸国の戦力・経済力といった諜報上重要な問題についても解答が得られるという考えから、研究分析部(Research and Analysis Branch, R&A)を設置した。1942年6月13日に、対外情報局(Foreign Information Service, FIS)を除く、COI局の部局は戦略諜報局(Office of Strategic Services, OSS)に改組され、研究分析部もOSSの1部局となった。

研究分析部は、さまざまな学問領域から約900人の研究者を集め、極東課日本班の責任者は、日本の政治制度の研究者であるチャールズ・ファーズ(Charles Burton Fahs)がつとめた。研究分析部の業務は、1945年10月1日OSSの廃止後、国務省に引き継がれた。

極東課に所属したフェアバンク(John King Fairbank)は、回想録“Chinabound: a fifty-year memoir”(1982)(邦訳『中国回想録』蒲地典子・平野健一郎訳 みすず書房 1994)でOSS時代のことを書いている。

受入

この文書はUniversity Publications of Americaがマイクロフィルム化して市販している。当館では、1978年度にPart 1~7、2011年度にPart 8を購入した。

主な内容

OCOI研究分析部、OSS研究分析部と国務省のその後継機関が各国の政治、経済、社会、軍事の情勢について作成して、米政府内に配布した研究分析報告書。報告書には一連番号(R&A番号)が付されている。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館(RG59, RG226)。OSS研究分析部の文書は、OSSの廃止後、国務省に引き継がれ、1946年には米国国立公文書館に移管された。これらの文書は、1972-73年にOSSの後継機関である中央情報局(Central Intelligence Agency, CIA)によるスクリーニング後、秘密指定解除され、公開された(Barry M. Katz, “Foreign Intelligence: Research and Analysis in the Office of Strategic Services, 1942-1945”(1989)p. 200による。ただし、同書ではスクリーニングが1975-76年に行われたとあるが、マイクロフィルム中の文書では1972-1973年となっている)。

検索手段
  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ProQuest社のウェブサイト外部サイトへのリンク内の「Products & Services」のページから「UPA Microform Collections > International Studies > Asian Studies外部サイトへのリンク」とたどっていくと“OSS/State Department Intelligence and Research Reports”の見出しがあり、Part 1~3、8について、目録のPDFファイルが掲載されている。
関連資料
資料の構成
  • Part 1: Japan and Its Occupied Territories during the World War Ⅱ(1942-1945)
  • Part 2: Postwar Japan, Korea and Southern Asia(1945-1949)
  • Part 3: China and India(1941-1949)
  • Part 4: Germany and Its Occupied Territories during the World War Ⅱ(1941-1945)
  • Part 5: Post-war Europe
  • Part 6: The Soviet Union
  • Part 7: The Middle East
  • Part 8: Japan, Korea, Southeast Asia, and the Far East Generally, 1950-1961 Supplement
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡