トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Confidential U.S. Diplomatic Post Records, Japan, Part 1 1914-1918, Part 2 1919-1929 and Part 3 1930-1941

Confidential U.S. Diplomatic Post Records, Japan, Part 1 1914-1918, Part 2 1919-1929 and Part 3 1930-1941

Confidential U.S. Diplomatic Post Records, Japan, Part 1 1914-1918, Part 2 1919-1929 and Part 3 1930-1941

資料群名(日本語仮訳)

米国在外公館文書:日本 1914-1941

資料形態

マイクロフィルム

数量

142巻

請求記号

YE-38

旧蔵機関名

U.S. Embassy, Tokyo

歴史

1941年時点で在日の米国在外公館としては、東京の大使館のほかに、内地の横浜、神戸、長崎、大阪、名古屋と外地の京城、台北、大連に領事館があった。

1914年から1941年12月の開戦による外交関係断絶までの間、駐日大使としてはガスリー(George W. Guthrie)からグルー(Joseph C. Grew)まで9人がつとめた。

受入

この文書はUniversity Publications of America社がマイクロフィルム化して市販している。当館では、1997年度に購入した。

主な内容

日本の国内の政治・経済の情勢、対外関係、貿易・通商関係についての、東京の大使館から国務省への報告文書の写し、日本国内(朝鮮を含む。)の各総領事館の東京の大使館への報告文書、国務省から東京の大使館への文書、極東地域の米国の在外公館の発信文書で東京の大使館に写しが送られてきたもの、東京の大使館と日本の外務省との間の往復文書、などを収録。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館所蔵(RG84)の国務省在外公館文書中の東京の米国大使館文書。ただし、1937-1941年機密往復文書は、同所蔵(RG59)の国務本省十進分類ファイルから撮影したもの。

検索手段
  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ProQuest社のウェブサイト外部サイトへのリンク内の「Products & Services」のページから「UPA Microform Collections > International Studies > Asian Studies > Confidential U.S. Diplomatic Post Records > Japan, 1914-1941外部サイトへのリンク」とたどっていくと目録の PDFファイルが掲載されている。
関連資料
関連文献

「米国国立公文書館(NARA)所蔵国務省文書について」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡