トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> The Papers of George C. Marshall : Selected World War Ⅱ Correspondence

The Papers of George C. Marshall : Selected World War Ⅱ Correspondence

The Papers of George C. Marshall : Selected World War II Correspondence

資料群名(日本語仮訳)

ジョージ・C・マーシャル文書: 第二次世界大戦期通信類

資料形態

マイクロフィルム

数量

40巻

憲政資料室における分類名

YF-A48

旧蔵者名

ジョージ・C・マーシャル

旧蔵者履歴

1880.12ペンシルバニア州ユニオンタウン生まれ、1897バージニア軍事大学入学、1901同大学卒、1902 アメリカ陸軍に入隊、1919~1924ジョン・パーシン将軍付副官、1924~1927中国駐在、1936准将、1939少将、のち陸軍参謀総長、大将、1944.12元帥、1945.11陸軍退役、1945~1947 中国特使、1947.1国務長官、1947.6マーシャル・プラン発表、1949~1950 アメリカ赤十字社総裁、1950~1951国防長官、1953.12ノーベル平和賞受賞、1959.10 死去。

受入

この文書はUniversity Publications of America (UPA) がマイクロフィルム化したものを、2010年度に購入した。

主な内容

ジョージ・C・マーシャルリサーチ図書館所蔵の同文書の中にある全12グループのうち、ペンタゴン・オフィス・グループ(Pentagon Office, 1938-1951)収録の通信類で、Selected Correspondenceの部分をマイクロ化したもの。ペンタゴン・オフィス・グループの資料はマーシャルが陸軍参謀総長時代のものだが、陸軍退役後もペンタゴンにマーシャルのオフィスが据え置かれたため、退役後の通信類も含まれる。Selected Correspondence はその多くが作成時に機密指定を受けたものである。また、アイゼンハワー、マッカーサー、スティムソン、ハル、チャーチル、ド・ゴール、蒋介石など第二次世界大戦期のアメリカ国内外の要人との書簡類が含まれる。

主言語

英語

原資料の所在

ジョージ・C・マーシャルリサーチ図書館

検索手段
  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ProQuest社のウェブサイト外部サイトへのリンク内の「Products & Services」のページから「UPA Microform Collections > International Studies > Military History & War > World War Ⅱ Research Collections > The Papers of George C. Marshall: Selected World War II Correspondence外部サイトへのリンク」とたどっていくと目録の PDFファイルが掲載されている。ProQuest社サイト内の検索窓でコレクション名を入力して検索することも可能。
関連資料
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡