トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> U.S. Military Intelligence Reports China, 1911-1941

U.S. Military Intelligence Reports China, 1911-1941

U.S. Military Intelligence Reports China, 1911-1941

資料群名(日本語仮訳)

陸軍省参謀本部陸軍情報部レポート 中国

資料形態

マイクロフィルム

数量

15巻

請求記号

YF-A49

旧蔵機関名

War Department General Staff, Military Intelligence Division, G-2

歴史

1903年2月陸軍省に参謀本部が設置された直後の同年8月に、別組織としてあった陸軍情報部(Military Information Division)を参謀本部に移管して、第2部とした。その後、何度かの機構改革を経て、1918年8月に陸軍情報部(Military Intelligence Division)が設置され、1921年8月に同部は参謀本部の5部の1部となり、G-2の名称が与えられた。その主要な職務は、外国の軍事情報の収集であった。

陸軍情報部には、1922年に地域別にラテン・アメリカ係、ヨーロッパ係、極東係が置かれた。この3係の業務調整のために1924年10月に情報課(Intelligence Branch)が設置され、その下に地域別の3係が置かれた。1942年3月9日に情報課に代わり、陸軍情報部の実働機関として陸軍情報局(Military Intelligence Service)が設置された。一方、地域別の係は1939年までに7係に増設され、第二次世界大戦への参戦によりさらに細分化された。

受入

この文書は、University Publications of America社がマイクロフィルム化して市販している。当館では2010年度に購入した。

主な内容

陸軍情報部が調査及び執務参考用に作成・維持していた中国関係文書(1911-1941)。報告書、電信、書簡、メモ類からなる。リール14と15は陸軍情報部により収集された国務省記録から採録。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館(RG 165)

検索手段
  • マイクロフィルム付属の目録(憲政資料室内備付冊子目録)
    ProQuest社のウェブサイト外部サイトへのリンク内の「Products & Services」のページから「UPA Microform Collections > International Studies > Asian Studies > U.S. Military Intelligence Reports > China, 1911-1941 > A Guide to U.S. Military Intelligence Reports China, 1911-1941. (PDF file)外部サイトへのリンク」とたどっていくと目録の PDFファイルが掲載されている。ProQuest社サイト内の検索窓でコレクション名を入力して検索することも可能。
関連資料
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡