トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Records of the War Department's Operations Division, 1942-1945, Pt. 1: World War Ⅱ Operations. Ser. C: Top Secret Files.

Records of the War Department's Operations Division, 1942-1945, Pt. 1: World War Ⅱ Operations. Ser. C: Top Secret Files.

Records of the War Department's Operations Division, 1942-1945, Pt. 1: World War Ⅱ Operations. Ser. C: Top Secret Files.

資料群名(日本語仮訳)

陸軍省作戦部文書 パート1 第二次世界大戦作戦記録類 シリーズC トップシークレットファイル 1942-1945

資料形態

マイクロフィルム

数量

26巻

憲政資料室における分類名

YF-A54

旧蔵機関名

War Department General Staff, Operations Division (OPD)

歴史

1942年3月、陸軍省戦争計画部(War Plans Division)が改組され、作戦部(Operations Division)となった。作戦の戦略指示を担い、陸軍省参謀部(General Staff)の中でも中心的な存在として位置付けられた。1946年5月、計画・作戦課(Plans and Operations Division)に改組された。

受入

この文書は、University Publications of America社がマイクロフィルム化して市販している。当館では2010年度に購入した。

主な内容

陸軍省作戦課が作成した記録類で、米国内外での日々の意思決定に関わる資料、戦略策定に関する交渉記録、作戦地域の事前研究資料など内容は多岐にわたる。当シリーズはトップシークレットファイルで、ほとんどがヨーロッパ、アジア及び太平洋地域に関する資料である。1924年から1944年までの資料(リール1から18)と、1945年の資料(リール19から26)に大別される。日本関係では、連合軍の作戦記録類、空襲関係及び占領計画関係の資料が含まれる。資料はフォルダ名のアルファベット順に配列されている。また、フォルダ内の資料のうち、主要なトピックのみ目録に掲載されている。

主言語

英語

原資料の所在

米国国立公文書館(RG 165)

検索手段
関連資料
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡