トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Map Room Files of President Roosevelt, 1939-1945, Map Room Ground Operations Files, 1941-1945

Map Room Files of President Roosevelt, 1939-1945, Map Room Ground Operations Files, 1941-1945

Map Room Files of President Roosevelt, 1939-1945, Map Room Ground Operations Files, 1941-1945

資料群名(日本語仮訳)

ルーズベルト大統領地図室文書 地上作戦ファイル, 1941年-1945年

資料形態

マイクロフィルム

数量

28巻

請求記号

YF-A85

旧蔵機関名

White House

歴史

1942年1月、ルーズベルト大統領により、ホワイトハウスに地図室が設置され、海軍補佐官(海軍顧問)の管理の下、軍事情報等を扱うセンターとして位置付けられた。ルーズベルトの死後、多くの地図室資料は後任のトルーマン大統領によって、米国国立公文書館へ移管され、その後、ルーズベルト大統領図書館に移管された。

主な内容

地図室文書のうち、Military Files シリーズの分類番号300 Warfareとして整理された資料をMap Room Ground Operations Files, 1941-1945としてマイクロフィルム化したもの。資料は地図室スタッフにより研究され、その内容が大統領及びその周辺スタッフに伝えられた。収録資料は軍事関係の書簡、通信、報告書、メモ類で構成されており、中国・ビルマ・インド、ヨーロッパ、地中海、太平洋の各戦域を含む様々な戦闘エリア、TORCH、DRAGOON、OVERLORDなどの戦略・作戦関係、兵力・物資の規模や配備資料、ドイツ降伏関係のものがある。また、ラテンアメリカ、北大西洋、イタリア、フランス・ドイツへの連合軍の進軍など、戦闘状況に関するものがある。これらの資料はルーズヴェルトや連合国側首脳、軍関係者の関心事項を示している。資料は分類番号順に、同一番号内は国名・事項名のアルファベット順に配列されている。日本関係の資料は、リール11に3フォルダ分の資料が収められているほか、他国のフォルダにも一部含まれている。

受入

この文書はUniversity Publications of America社がマイクロフィルム化して市販している。当館では、2013年度に購入した。

主言語

英語

原資料の所在

F. D. ルーズベルト大統領図書館

検索手段
関連資料
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡