トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 安部井磐根関係文書

安部井磐根関係文書

安部井磐根関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,374点

書架延長  7.4m

旧蔵者  安部井磐根 (あべいいわね)

旧蔵者生没年  1832−1916

旧蔵者履歴  天保3(1832).3.17福島生まれ。旧二本松藩士。戊辰戦争後、二本松藩の旧領回復に奔走。若松県監査、若松県参事を経て1878年、初代福島県会議長。1879年初代安達郡長、県令三島通庸の施政に反対し、1882年辞任。1886年から改めて県会議長に3度選ばれた後、1890年衆議院議員(第1回総選挙当選)、1893年衆議院副議長。1900年〜02年国民同盟会参加。1916.11.9死去。

受入公開
1999年9月、個人より寄贈

主な内容  書簡および書類。安部井宛の書簡には、「対外硬」の同志である神鞭知常、陸実(羯南)、寺師宗徳等の発信のものが多い。書類には、郡長・県政時代のものや、国政時代の条約改正および大日本協会等の「対外硬」組織関係資料などがある。日記は1882年から1916年までのものがある。来客名・書簡の往来・会合日程等が淡々と記されたものだが、代議士時代の記述からは、活発な人的交流の様相がうかがわれる。さらに国文学に造詣があり、歌人としても秀でていた安部井にふさわしく、自作の歌・漢詩も相当数ある。

検索手段
安部井磐根関係文書目録(仮)

関連資料の所在
二本松市歴史資料館(福島県)に、明八会関係資料あり

関連文献
【資料紹介】
西尾陽太郎「安部井磐根の名士書翰」『九州史学』11、1959
堀内寛雄「安部井磐根関係文書」『国立国会図書館月報』503、2003.2
小宮一夫「安部井磐根」『近現代日本人物史料情報辞典』、吉川弘文館、2004

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡