トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 赤松則良関係文書

赤松則良関係文書

赤松則良関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  320点

書架延長  1.5m

旧蔵者  赤松則良 (あかまつのりよし)

旧蔵者生没年  1841−1920

旧蔵者履歴  天保12(1841).11.1東京生まれ。長崎海軍伝習所に学ぶ、安政6(1859).11咸臨丸に乗船しアメリカ渡航、文久2(1862).3〜慶応3(1867).5幕命によりオランダ留学、軍艦建造技術を学ぶ。慶応3(1867).10海軍沼津兵学校教授、明治3(1870).3兵部省出仕、明治3.9海軍兵学寮大教授、1874.4海軍少将。1874.4〜12台湾征討に出征。帰国後主船寮長官、横須賀造船所長。1876.9海軍省副官、1887.5男爵、1887.9海軍中将、1892.12予備役、1897.7貴族院議員。1920.9.23死去。

受入公開
1975年10月、個人より寄託を経て1983年、寄贈。1985年、追加寄贈。

主な内容  アメリカ航海中・オランダ留学中の日記・滞在中往復書簡の他、「海軍学校規則」「幕府軍艦記事」「欧式海軍創設時代の追憶」、写真、自伝など。

検索手段
赤松則良関係文書目録 (PDF 400KB)
赤松則良関係文書(概略説明書)
※後者がより詳細

デジタル化資料  国立国会図書館デジタルコレクションに一部の資料が掲載

関連資料の所在
「赤松文庫」(赤松旧蔵書、磐田市立中央図書館(静岡県)蔵。『赤松文庫目録』1971)

関連文献
【資料紹介】
『赤松則良半生談』赤松範一編注、平凡社、1977(解説中に史料紹介あり)
「赤松則良文書」『国立国会図書館月報』272、1983.11
『赤松則良関係文書(概略説明書)』赤松家、1985
大澤博明「赤松則良」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『万延元年遣米使節史料集成』4、風間書房、1961
『幕末和蘭留学関係史料集成』日蘭学会・大久保利謙編、雄松堂書店、1982
『続幕末和蘭留学関係史料集成』日蘭学会・大久保利謙編、雄松堂書店、1984

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡