トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 天岡直嘉関係文書(MF)

天岡直嘉関係文書(MF)

天岡直嘉関係文書(MF)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  1巻

旧蔵者  天岡直嘉 (あまおかなおよし)

旧蔵者生没年  1880−1957

旧蔵者履歴  1880.12.17岐阜生まれ。1906.7東京帝国大学法科大学卒、1907.5内閣書記官、1909.12内閣会計課長代理(1912.12〜17.6内閣会計課長兼務)、1917.8逓信省為替貯金局長、1920.9逓信省貯金局長、1924.6休職。1926.1依願免本官、1927.5賞勲局総裁、1929.7依願免本官、1929.9勲章疑獄により起訴、1957.1.8死去。

受入公開
1973年7月、東京大学社会科学研究所所蔵フィルムより複製

主な内容  天岡の舅である桂太郎関係の資料が、書簡・書類ともに多くある。書簡(18通)の内容は多くが叙位関係で、他には大日本帝国憲法第9条(独立命令による法規の制定)に関する井上毅書簡などがある。書類(11点)の中には、桂総理就任への西園寺意見覚書、大逆事件首相進退伺など第2次桂内閣に関する資料や、田中義一内閣組閣人選案草稿、内閣書記官時代の日記帳2冊(1912〜13)などがある。

整理の方法  リール末尾に江木千之関係文書(日誌:1909年4月〜1911年5月)を収録

複写のための注記  複写禁止

検索手段
天岡直嘉関係文書(MF)目録(仮)

原資料の所在  不明

関連文献
【資料紹介】
竹林晶子「天岡直嘉」『近現代日本人物史料情報辞典』第3巻、吉川弘文館、2007

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡