トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 新居善太郎関係文書

新居善太郎関係文書

新居善太郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  6,036点

書架延長  27.5m

旧蔵者  新居善太郎 (あらいぜんたろう)

旧蔵者生没年  1896−1984

旧蔵者履歴  1896.1.16栃木生まれ。東京帝国大学法学部卒、内務省に入り、1922.2東京府属、1923.3広島県佐伯郡長、1926.5復興局建築部、1929.4同部庶務課長、1929.5土木局、1932.6斎藤内閣総理大臣秘書官、1934.3文部大臣秘書官、1934.7土木局道路課長、1936.10同局河川課長、1937.2内務大臣秘書官兼大臣官房人事課長、1938.11厚生省社会局長、1940.8鹿児島県知事、1941.10国土局長、1943.7地方局長、1944.4京都府知事、1945.6大阪府知事、1945.11近畿地方行政事務局長官、1946.1退官。以後、道路審議会委員会長、水質審議会委員会長、地方財政審議委員会長、社会福祉事業振興会理事、社団法人日本公園緑地協会会長等を歴任。1984.1.12死去。

受入公開
1985年12月、個人より寄贈(番号1〜2021)。のち、追加寄贈(番号2022〜2086)

主な内容  内務省関係の資料が膨大に残されている。新居の経歴順に整理された資料としては、東京府、広島県佐伯郡、復興局、斎藤実内閣、土木局、内務大臣秘書官、厚生省社会局、鹿児島県知事、国土局、地方局、京都府知事、大阪府知事、公職追放、その他がある。また審議会・調査会関係文書としては公務員制度調査会、臨時恩給等調査会、地方制度調査会、青少年問題審議会、国土総合開発審議会、水資源開発審議会、首都圏整備審議会、全国防災協会、都市建設調査会、経済審議会他51機関分がある。その他日記・手帳(26冊、1915〜45および1972)、法学講義ノート、履歴書・辞令、パンフレット・図書・雑誌がある。

検索手段
新居善太郎関係文書目録(仮)

(PDF 1.7MB)

 

複製 マイクロフィルム(349巻)で閲覧(ただし1767〜2021のみ原資料で閲覧)。

関連資料の所在
独立行政法人建築研究所(茨城県つくば市)に、国土局・国土計画関係資料あり(『戦前の住宅政策の変遷に関する調査』7、日本住宅総合センター、1986 に目録あり)
「内政史研究会旧蔵資料」8〜33(当室所蔵)に、「新居善太郎氏談話速記録」第1回〜30回あり(第1回〜18回については、『内政史研究資料』第228〜245集、内政史研究会、1974〜1983 で翻刻)

関連文献
【資料紹介】
黒澤良「新居善太郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
土田宏成「国立国会図書館憲政資料室で閲覧できる土木史関係資料について」『土木史研究 講演集』31、2011.5.(内務省土木局長・国土局長経験者の資料を紹介)
【資料集(翻刻)】
『新居善太郎氏談話資料集(一)広島県佐伯郡長時代』内政史研究会、1975(広島県佐伯郡長時代書類)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡